スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資日記

株式投資2年1ヶ月の結果。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。ニコそらです。今日の空はどんよりと曇っているのですが地元でマラソン大会が行われているようで外はいつもよりにぎやかです。

今月で株式投資を始めて2年1ヶ月になりました。結果は保有株式の取得金額が423120円、時価評価額が496950円。評価損益が+73830円。評価損益率が+17.45%となりました。

今のところ相場も順調に推移していますし、特に買い増ししたい銘柄、新規に購入したい銘柄がないので今月も取得金額はそのままです。先月比で時価評価額、評価損益は+10625円、評価損益率は+2.51%となりました。


保有している銘柄の詳細は、

①[7267]ホンダ
保有株数15株 取得金額32520円 時価評価額55650円 
評価損益+23130円

②[2792]ハニーズ
保有株数100株 取得金額58700円 時価評価額103900円
評価損益+45200円

③[3087]ドトール・日レスホールディングス
保有株数100株 取得金額115000円 時価評価額113600円
評価損益-1400円

④[2572]三国コカコーラ
保有株数300株 取得金額216900円 時価評価額223800円
評価損益+6900円

となります。

①ホンダは決算内容が良かったこと増配などが好感されたのか連日年初来高値を更新しました。個人的には来年後半からアメリカで小型ジェット機を量産、販売を始めると発表したのが嬉しかったです。為替相場が円安になったのも好感されたのか先月比+6525円でした。

②ハニーズは昨年末に比べると値動きが安定してきたのですがじわじわ株価を下げてしまいました。中国での出店を加速させるようですがこれといった反応はなく、チャート上ではデットクロスを形成しそうな状態。しばらくは値を下げそうな気がします。先月比-4300円でした。

③ドトール・日レスホールディングスは自己株式取得の影響でしょうか。2/1に自己株式取得終了の発表のあと2/4に株価が反発し順調に上昇を続けました。今のところ比較的順調に推移していますがコーヒー豆の価格高騰で今後どんな影響が出るのか気になるところです。先月比+4500円でした。

④三国コカコーラは1/28にチャート上でゴールデンクロスを形成。その後2/14に決算を発表したのですが市場ではあまり反応がなかったようで株価は横ばいといったところ。先月比+3900円でした。

トータルで考えるとハニーズ以外は比較的堅調に推移したのですがホンダの株価上昇が大きかったと思います。今更ながら「2年前に頑張ってもう少し買い増ししておけば…。」なんて考えてしまいます。(当時は15株購入するのが限界でした。)

それにしてもコーヒー豆の価格高騰は気になるところ。今のところ缶コーヒーは値上げのニュースを見聞きすることはないのですが、ネスレやUCC、スタバなど値上げに踏み切った企業が多く、当然ドトールも価格高騰の影響を受けているはず。採算が合わなければ値上げに踏み切るのも仕方ないと思うのですが、個人低にはなんとか企業努力で販売価格に転嫁しないですむようにしてほしいです。

企業を取り巻く環境もいろいろ変化していると思いますが、これからも日々勉強して株式投資頑張ろうと思います。


■関連記事

株式投資、半年の結果。
株式投資8ヶ月の結果。
株式投資9ヶ月の結果。
株式投資10ヶ月の結果。
株式投資11ヶ月の結果。
株式投資1年の結果。
株式投資1年1ヶ月の結果。
株式投資1年2ヶ月の結果。
株式投資1年3ヶ月の結果。
株式投資1年4ヶ月の結果。
株式投資1年5ヶ月の結果。
株式投資1年6ヶ月の結果。
株式投資1年7ヶ月の結果。
株式投資1年8ヶ月の結果。
株式投資1年9ヶ月の結果。
株式投資1年10ヶ月の結果。
株式投資1年11ヶ月の結果。
株式投資2年の結果。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


GDP速報値について

平成22年10~12月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年2月14日に内閣府より発表された平成22年10~12月期GDP速報についての記事です。

前回発表された7~9月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.9%と平成21年10~12月期の速報値から4四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年7~9月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された10~12月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比-0.3%、年率換算で-1.1%と平成21年10~12月期の速報値から5四半期ぶりのマイナス成長となりました。
[内閣府 平成22年10~12月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が前期比-0.3%、年率換算で-1.1%5四半期ぶりにマイナス成長だったこと。

②GDPの内外需別の寄与度が内需が-0.2%、外需が-0.1%とどちらもマイナスに寄与していること。

③民間需要の項目で民間住宅が前期比+3.0%、民間企業設備が+0.9%に対し民間最終消費支出(個人消費)が-0.7%だったこと。


●エコの影響?

今回の結果はやはりエコカー補助の終了やエコポイントの減額などが影響しているのでしょうか、5四半期ぶりのマイナス成長ということであまり良くない内容だったと思います。

③にも書きましたが民間需要の項目で個人消費だけがマイナスだったこともエコカー補助の終了やエコポイントの減額の影響が出ているという裏づけにもなると思います。

内需がダメでも外需があるから大丈夫と考えたいところですが今回、外需も-0.1%とGDPにマイナスに寄与している状態。輸出より輸入のほうが多かったということであまり不安視する必要もないと思うのですが前回の1次速報で前期比0.0%、今回-0.1%と、どことなく伸び悩んでいるような印象を受けます。

今回は少し残念な結果になってしまったGDP。日経平均が順調に上昇していることを考えるとあまり影響はなかったと思いますが今後も横ばい、もしくはマイナス成長が続くようであれば注意が必要だと思います。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。
平成22年1~3月期GDP速報について。
平成22年4~6月期GDP速報について。
平成22年7~9月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



機械受注統計について

機械受注統計平成22年12月の実績について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年2月10日に内閣府より発表された機械受注統計平成22年12月の実績についての記事です。

前回発表された機械受注統計平成22年11月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で3.0%の減少となりました。また、基調判断は「機械受注は、持ち直し傾向にあるものの、非製造業で弱い動きがみられる。」とし内容をわずかですが下方修正しました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年11月実績より]

前回発表された機械受注統計平成22年12月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で1.7%の上昇となりました。また、基調判断は「機械受注は、持ち直し傾向にあるものの、非製造業で弱い動きがみられる。」とし内容を据え置きました。

1~3月期の見通しは「船舶、電力を除く民需」の1~3月期の見通しが前期比2.7%の上昇となりました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年12月実績および平成23年1~3月見通しより]


●今回の結果からわかったこと。

①「船舶、電力を除く民需」が4ヶ月ぶりに上昇したこと。

②基調判断が据え置かれていること。

③「船舶、電力を除く民需」の1~3月の見通しが前期比2.7%の上昇になったこと。


●やっぱり先が…。

今回の結果は「船舶、電力を除く民需」が4ヶ月ぶりの上昇となったこと、1~3月の見通しが前期比2.7%の上昇となったことで今後に期待の持てる内容だったと思います。

変動の大きい指標ですが10~12月の実績も見通し前期比9.8%の減少に対して6.9%の減少にとどまったこと、1~3月の見通しが上昇を予想していることを考えると基調判断にもあるように持ち直しつつあると思います。

「船舶、電力を除く民需」が上昇しているということはそれだけ国内の企業が設備投資を増やしているということ。設備が増えればそれだけ雇用にも影響が出てくるわけですし、景気がそれだけ良い方向に向かっていると考えることができると思います。

ただ、今後も続けて「船舶、電力を除く民需」が上昇していくためには非製造業の改善が必要になってくると思うのですが、非製造業に分類されている業種を見ると、農林漁業、鉱業、採石業、砂利採取業と自然に関わりのあるものから電力業、建設業、不動産業、金融業、卸売業、小売業、情報サービス業といろいろな業種がありますが、不動産業や小売業のように不況の煽りを強く受けた業種もあり、すぐに改善というのは難しいのでは?と思います。

12月の鉱工業指数、景気動向指数につづいて今回の機械受注統計も内容は良い内容だったのですが早くも次回の結果が気になるところです。


■関連記事

機械受注統計とは?
機械受注統計平成21年4月の実績について。
機械受注統計平成21年5月の実績について。
機械受注統計平成21年6月の実績について。
機械受注統計平成21年7月の実績について。
機械受注統計平成21年8月の実績について。
機械受注統計平成21年9月の実績について。
機械受注統計平成21年10月の実績について。
機械受注統計平成21年11月、12月の実績について。
機械受注統計平成22年1月の実績について。
機械受注統計平成22年2月の実績について。
機械受注統計平成22年3月の実績について。
機械受注統計平成22年4月の実績について。
機械受注統計平成22年5月の実績について。
機械受注統計平成22年6月の実績について。
機械受注統計平成22年7月の実績について。
機械受注統計平成22年8月の実績について。
機械受注統計平成22年9月の実績について。
機械受注統計平成22年10月の実績について。
機械受注統計平成22年11月の実績について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


景気動向指数について

景気動向指数平成22年12月分速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年2月7日に内閣府より発表された平成22年12月の景気動向指数速報値についての記事です。

11月分の景気動向指数は前月比でCI先行指数が2.9ポイント上昇の100.6ポイント、CI一致指数が1.7ポイント上昇の102.4ポイント、CI遅行指数が1.0ポイント減少の87.8ポイントとなり、CI先行指数は5ヶ月ぶりの上昇、CI一致指数は3ヶ月ぶりの上昇、CI遅行指数は7ヶ月ぶりの減少となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、足踏みを示している。」とし内容を据え置きしました。

次に今回発表された12月分の景気動向指数の速報値は前月比でCI先行指数が0.8ポイント上昇の101.4ポイント、CI一致指数が0.7ポイント上昇の103.1ポイント、CI遅行指数が1.3ポイント上昇の89.1ポイントとなり、CI先行指数は2ヶ月連続の上昇、CI一致指数は2ヶ月連続の上昇、CI遅行指数は2ヶ月ぶりの上昇となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、足踏みを示している。」とし内容を据え置きしました。
[内閣府 景気動向指数 平成22年11月分(速報)、景気動向指数 平成22年12月分(速報)の概要より]


●今回の結果からわかったこと。

①CI先行指数、CI一致指数が2ヶ月連続で上昇していること。

②3つの指数すべてが統計グラフの3ヶ月後方移動平均、7ヶ月後方移動平均を上回っていること。

③基調判断が据え置かれていること。


●景気は大丈夫?

今回の結果も前回同様CI先行指数、CI一致指数ともに上昇したことで安心感のある内容だったと思います。株式市場でこういった結果がどれぐらい織り込まれているのかは分かりませんが最近市場が比較的堅調に推移していることを考えると直接的な株価上昇の要因とはならなくても、相場の下支えぐらいにはなっているのかなと思います。

一時は減少を続けたCI先行指数も今回12月の結果で速報値ではありますが2ヶ月連続の上昇とひとまず下げ止まったように思います。また、3つの指数どれもが3ヶ月、7ヶ月後方移動平均を上回っており、直接景気を反映しているとは言い切れませんが統計上は上昇傾向、回復傾向になっていると思います。

ただ、CI先行指数、CI一致指数ともに2ヶ月連続で上昇したとはいえ前回の発表よりも低い数値となっていますし、基調判断は「~足踏みを示している。」と据え置かれた状態。個人的には今後もなんとか上昇を続けていってほしいと思うのですがどうなることやら。来月発表される今年1月の速報が気になるところです。

今年に入ってから去年より少し明るく感じる日本経済。とはいえ株式投資をする上では次から次へと新しいリスクが現れますが日々勉強して、賢く立ち向かっていきたいです。


■関連記事

景気動向指数とは?
景気動向指数平成21年4月分速報値について。
景気動向指数平成21年6月分速報値について。
景気動向指数平成21年7月分速報値について。
景気動向指数平成21年8月分速報値について。
景気動向指数平成21年9月分速報値について。
景気動向指数平成21年10月分速報値について。
景気動向指数平成21年11月、12月分速報値について。
景気動向指数平成22年1月分速報値について。
景気動向指数平成22年2月分速報値について。
景気動向指数平成22年3月分速報値について。
景気動向指数平成22年4月分速報値について。
景気動向指数平成22年5月分速報値について。
景気動向指数平成22年6月分速報値について。
景気動向指数平成22年7月分速報値について。
景気動向指数平成22年8月分速報値について。
景気動向指数平成22年9月分速報値について。
景気動向指数平成22年10月分速報値について。
景気動向指数平成22年11月分速報値について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


鉱工業指数について

平成22年12月の鉱工業指数について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年1月31日に経済産業省より発表された平成22年12月の鉱工業指数についての記事です。

11月の鉱工業指数確報では前月比で生産指数が1.0%の上昇、出荷指数が2.6%の上昇、在庫指数が1.8%の低下、在庫率指数は8.3%の低下となり、、生産指数は6ヶ月ぶりの上昇、出荷指数が5ヶ月ぶりの上昇、在庫指数は2ヶ月連続の低下、在庫率指数は3ヶ月ぶりの低下でした。
[経済産業省 鉱工業指数2010年11月分(確報)より]

12月の鉱工業指数速報値では前月比で生産指数が3.1%の上昇、出荷指数が1.1%の上昇、在庫指数が1.4%の上昇、在庫率指数は0.0%の横ばいとなり、生産指数は2ヶ月連続の上昇、出荷指数が2ヶ月連続の上昇、在庫指数は3ヶ月ぶりの上昇、在庫率指数は横ばいでした。また、基調判断は「生産は持ち直しの動きがみられる。」とし内容を上方修正しました。
[経済産業省 鉱工業指数2010年12月分速報値より]


●今回の結果からわかったこと

①生産指数、出荷指数が2ヶ月連続で上昇していること。

②在庫指数は上昇したものの在庫率指数は横ばいだったこと。

③基調判断が上方修正されたこと。


●国際的な問題…。

今回の結果は生産指数、出荷指数が2ヶ月連続で上昇し基調判断が上方修正されたこともあって前回の結果に続いて明るい内容だったと思います。今回の統計が12月ということもあって去年の年末は鉱工業に関しては比較的賑わっていたのかもしれないですね。

最近日本が参加を検討しているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する話題やニュースをテレビなどで見ますが経済産業省は賛成、農林水産省は反対と意見が2つに分かれているようで見ている立場としては参加したほうがいいのか、参加しないほうがいいのか。金額を足し引きして儲かればそれでいいという単純な問題でもないようでどっちがいいのか判断しにくいところだったりします。

なんでも経済産業省によるとTPPに参加しないと10.5兆円の損失が発生し、一方農林水産省ではTPPに参加すると生産が4.1兆円減り食料自給率が40%から14%に減少するとか。

個人的には株式投資をしている立場からすると、どちらかと言えば参加しないリスクのほうが大きいと思うので参加したほうがいいと思うのですが、農業をしてる人たちのことを考えるとはたして正しいのか迷ってしまいます。

株式投資に関しても、鉱工業、農業に関しても少子化による人口減少の影響で国内の市場が少しずつ縮小していくのは事実だと思うので国際的に日本が孤立してしまうのだけは避けてほしいところです。


■関連記事

鉱工業指数とは?
平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。
平成21年7月の鉱工業指数速報値について。
平成21年8月の鉱工業指数速報値について。
平成21年9月の鉱工業指数速報値について。
平成21年10月の鉱工業指数速報値について。
平成21年11月、12月の鉱工業指数について。
平成22年1月の鉱工業指数について。
平成22年2月の鉱工業指数について。
平成22年3月の鉱工業指数について。
平成22年4月の鉱工業指数について。
平成22年5月の鉱工業指数について。
平成22年6月の鉱工業指数について。
平成22年7月の鉱工業指数について。
平成22年8月の鉱工業指数について。
平成22年9月の鉱工業指数について。
平成22年10月の鉱工業指数について。
平成22年11月の鉱工業指数について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


株式投資日記

株式投資2年の結果。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。ニコそらです。今日は朝から天井のクロスを張替えに業者の方が来られているので自分は近所の図書館に非難して記事を書いています。(昨年末に上階の部屋から漏水して天井のクロスが染みだらけに…。)

それにしても天気がいいし暖かくて気持ちがいいです。

ニコそらは株式投資を始めて今月でちょうど2年になりました。株式投資暦2年。ほんとにあっという間でした。今回は一年間のまとめということで2010年1月から2011年1月まで配当利回りもまとめてみました。それと前回の結果でも書いたように銘柄情報というか銘柄名と購入した理由を少し書いてみました。

株式投資2年の結果は、保有株式の取得金額が423120円、時価評価額が486325円。評価損益が+63205円。評価損益率が+14.94%となりました。今月も先月同様新規購入、買い増しはしませんでした。先月比で時価評価額、評価損益は-155円、評価損益率は-0.03%となりました。

1年間で得た配当金の金額(税引き前の金額)が6790円、取得金額に対する配当利回りは1.60%となりました。まだまだ少ないようにも思うのですが2009年1月~2010年1月までの配当利回り0.35%に比べると良くなったように思います。

保有している銘柄の詳細は、

①[7267]ホンダ
保有株数15株 取得金額32520円 時価評価額49125円 
評価損益+16605円

②[2792]ハニーズ
保有株数100株 取得金額58700円 時価評価額108200円
評価損益+49500円

③[3087]ドトール・日レスホールディングス
保有株数100株 取得金額115000円 時価評価額109100円
評価損益-5900円

④[2572]三国コカコーラ
保有株数300株 取得金額216900円 時価評価額219900円
評価損益+3000円

となります。


①ホンダは株式投資を初めて最初に買った銘柄です。単元未満で購入したのですべて指値ではなく成り行きでの購入でした。個人的にホンダのクルマがとても好きだったこと、クルマだけでなくバイク、耕運機、ジェット機、ASIMOなどいろいろなものを作っているのも好きなところです。先月比-375円となりました。

②ハニーズは出身のいわき市に本社がある企業に恩返しというか、貢献したいと思って購入しました。ニコそらは男なのでお店に入って直接商品を手にしたり、見たりということができないので投資家としてはあまり良い銘柄の選び方ではないと思っています。株主優待も持て余してしまいます。先月比+5900円となりました。

③ドトール・日レスホールディングスはドトールのコーヒーとミラノサンドが好きだったので購入しました。それと日本レストランシステムが経営しているにんにく屋五右衛門のパスタも好きです。商品市場でコーヒー豆の値段が高騰しているのが気になるところです。先月比+1800円となりました。

④三国コカコーラは、コーラが好きだったこと、缶コーヒーのジョージアが好きだったことが購入した理由です。ちなみに会社四季報では有利子負債0となっていますが、決算書では流動負債、固定負債ともにあったりします。先月比-7200円となりました。


こうしてみると、多分銘柄の特性だと思うのですが、企業が提供している商品が好きで買った銘柄ではなく田舎に恩返しの気持ちで買ったハニーズの時価評価額が一番高いのが不思議でなりません。今では株価が高くなったので買い増ししたくてもなかなかできない状態です。そのほかの銘柄、特にドトール日レスと三国コカはこれからも様子を見て株価が安くなれば買い増ししていきたいと思います。

2年前の自分はそれ以前から勉強はしていたのですが株を買うのに緊張しながら恐る恐る注文を出していたのを今でも覚えています。いろいろ悩んだこともありましたが日々何かを得て今日までやってこれたと思います。今年は株式投資3年目。自分なりに少しでも良い結果が出せるように頑張りたいと思います。


■関連記事

株式投資、半年の結果。
株式投資8ヶ月の結果。
株式投資9ヶ月の結果。
株式投資10ヶ月の結果。
株式投資11ヶ月の結果。
株式投資1年の結果。
株式投資1年1ヶ月の結果。
株式投資1年2ヶ月の結果。
株式投資1年3ヶ月の結果。
株式投資1年4ヶ月の結果。
株式投資1年5ヶ月の結果。
株式投資1年6ヶ月の結果。
株式投資1年7ヶ月の結果。
株式投資1年8ヶ月の結果。
株式投資1年9ヶ月の結果。
株式投資1年10ヶ月の結果。
株式投資1年11ヶ月の結果。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


機械受注統計について

機械受注統計平成22年11月の実績について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年1月13日に内閣府より発表された機械受注統計平成22年11月の実績についての記事です。

前回発表された機械受注統計平成22年10月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で1.4%の減少となりました。また、基調判断は「機械受注は、持ち直している。」とし内容を据え置きました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年10月実績より]

今回発表された機械受注統計平成22年11月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で3.0%の減少となりました。また、基調判断は「機械受注は、持ち直し傾向にあるものの、非製造業で弱い動きがみられる。」とし内容をわずかですが下方修正しました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年11月実績より]


●今回の結果からわかったこと

①「船舶、電力を除く民需」の実績が3ヶ月連続で減少していること。

②基調判断がわすかながら下方修正されていること。

③「船舶、電力を除く民需」の実績が3ヶ月連続で減少したが今のところ9月に発表された10~12月期の見通しを上回っていること。


●本格的な設備投資はいつ?

今回の結果はほぼ見通しどおりと言えばそれまでなのですが、前回の結果よりも良くない結果になってしまいました。鉱工業指数、景気動向指数のように前回までの結果から一転して上昇するというのを個人的には期待していたのですが残念です。

受注総額に関しても前回は前月比6.6%の上昇に対して今回は8.3%の減少となってしまい、変動が大きい指標ではありますが今後は横ばい、もしくは減少傾向にあるような気がします。

「船舶、電力を除く民需」の実績が3ヶ月連続で減少したことを考えても今のところ、あまり設備投資が本格的に行われてなく企業が設備投資を控えているのが見て取れます。また、外需も今回は前月比17.8%の減少となってしまい前回の実績、前月比16.0%の上昇を下回る結果となってしまいました。

機械受注統計の中でも特に「船舶、電力を除く民需」は設備投資の先行指標とされている大事な指標ですが、企業が設備投資を控えているということは、まだ先のリーマンショックの影響から立ち直りきれていない企業が多いということが考えられますし、立ち直ったもののハイブリットカーやスマートフォン、タブレットPCなど新製品が次々に世に出て市場が新旧入り混じった状態になってしまい、何に重点的に設備投資していいか戦略が明確になっていないということも考えられると思います。

今回は残念な結果となってしまった機械受注統計。みんなで相談して慎重に事を進めるというのが日本企業のよさかもしれませんが、韓国の某電機メーカーのように「これだ!」と思ったものに一気に集中して設備投資を行うような大胆さも時にはあっていいのでは?と思います。


■関連記事

機械受注統計とは?
機械受注統計平成21年4月の実績について。
機械受注統計平成21年5月の実績について。
機械受注統計平成21年6月の実績について。
機械受注統計平成21年7月の実績について。
機械受注統計平成21年8月の実績について。
機械受注統計平成21年9月の実績について。
機械受注統計平成21年10月の実績について。
機械受注統計平成21年11月、12月の実績について。
機械受注統計平成22年1月の実績について。
機械受注統計平成22年2月の実績について。
機械受注統計平成22年3月の実績について。
機械受注統計平成22年4月の実績について。
機械受注統計平成22年5月の実績について。
機械受注統計平成22年6月の実績について。
機械受注統計平成22年7月の実績について。
機械受注統計平成22年8月の実績について。
機械受注統計平成22年9月の実績について。
機械受注統計平成22年10月の実績について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


景気動向指数について

景気動向指数平成22年11月分速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年1月11日に内閣府より発表された平成22年11月の景気動向指数速報値についての記事です。

10月分の景気動向指数は前月比でCI先行指数が1.4ポイント減少の97.7ポイント、CI一致指数が1.4ポイント減少の100.7ポイント、CI遅行指数が0.6ポイント上昇の88.7ポイントとなり、CI先行指数は4ヶ月連続の減少、CI一致指数は2ヶ月連続の減少、CI遅行指数は2ヶ月連続の上昇となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、足踏みを示している。」とし内容を下方修正しました。

次に今回発表された11月分の景気動向指数の速報値は前月比でCI先行指数が3.3ポイント上昇の101.0ポイント、CI一致指数が1.4ポイント上昇の102.1ポイント、CI遅行指数が1.4ポイント減少の87.3ポイントとなり、CI先行指数は5ヶ月ぶりの上昇、CI一致指数は3ヶ月ぶりの上昇、CI遅行指数は7ヶ月ぶりの減少となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、足踏みを示している。」とし内容を据え置きしました。
[内閣府 景気動向指数 平成22年10月分(速報)、景気動向指数 平成22年11月分(速報)の概要より]

10月分の景気動向指数でCI遅行指数は2ヶ月連続の上昇でしたが8月のCI遅行指数が改訂されたため、11月分速報値でCI遅行指数は7ヶ月ぶりの減少となりました。


●今回の結果からわかったこと

①CI先行指数が5ヶ月ぶりに上昇したこと。

②CI一致指数が3ヶ月ぶりに上昇したこと。

③基調判断が据え置かれていること。


●回復の兆し?

今回の結果は前回10月の結果から一転してCI先行指数、CI一致指数ともに上昇に転じたことで少しですが先々に期待の持てる内容だったと思います。特にCI先行指数(景気に先駆けて反応する指数)が上昇したのが今回の結果で一番嬉しい内容でした。

個人的にはCI先行指数が減少を続けていたのでCI一致指数もしばらく減少を続けるのでは?と思っていたのですが、予想に反して上昇に転じたので少し驚いています。今回のデータが11月ということで、年末商戦の影響か、12月からエコポイントがほぼ半減してしまうということで駆け込み需要が影響したのか、それとも今年の春の新製品の製造によるものなのか、詳細は分かりませんが結果として指数が上昇したのは事実なのでしっかり受け止めようと思います。

ただ、基調判断は据え置かれたままの状態。あくまで個人的な考えですが、CI先行指数が上昇するとCI一致指数も上昇する傾向にあると思うので今後もしばらくは横ばいもしくは上昇していくのでは?と思うのですが政府、民主党の動向や雇用問題、景気対策など、まだまだ問題があると思うので一本調子で景気が回復していく、指数が上昇していくことはないと考えています。

景気が回復しているといってもあくまでデータ上でのこと。あまり景気が回復している実感がないというのか正直なところ。今回の結果を景気回復の兆しとして、景気が回復していることを実感できるまで今後も上昇を続けていってほしいです。


■関連記事

景気動向指数とは?
景気動向指数平成21年4月分速報値について。
景気動向指数平成21年6月分速報値について。
景気動向指数平成21年7月分速報値について。
景気動向指数平成21年8月分速報値について。
景気動向指数平成21年9月分速報値について。
景気動向指数平成21年10月分速報値について。
景気動向指数平成21年11月、12月分速報値について。
景気動向指数平成22年1月分速報値について。
景気動向指数平成22年2月分速報値について。
景気動向指数平成22年3月分速報値について。
景気動向指数平成22年4月分速報値について。
景気動向指数平成22年5月分速報値について。
景気動向指数平成22年6月分速報値について。
景気動向指数平成22年7月分速報値について。
景気動向指数平成22年8月分速報値について。
景気動向指数平成22年9月分速報値について。
景気動向指数平成22年10月分速報値について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



鉱工業指数について

平成22年11月の鉱工業指数について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年12月28日に経済産業省より発表された平成22年11月の鉱工業指数についての記事です。

10月の鉱工業指数確報では前月比で生産指数が2.0%の低下、出荷指数が3.0%の低下、在庫指数が1.0%の低下、在庫率指数は8.4%の上昇となり、生産指数は5ヶ月連続の低下、出荷指数が4ヶ月連続の低下、在庫指数は3ヶ月ぶりの低下、在庫率指数は2ヶ月連続の上昇でした。
[経済産業省 鉱工業指数2010年10月分(確報)より]

11月の鉱工業指数速報値では前月比で生産指数が1.0%の上昇、出荷指数が2.5%の上昇、在庫指数が1.7%の低下、在庫率指数は8.2%の低下となり、生産指数は6ヶ月ぶりの上昇、出荷指数が5ヶ月ぶりの上昇、在庫指数は2ヶ月連続の低下、在庫率指数は3ヶ月ぶりの低下でした。また、基調判断は「生産は弱含みで推移」とし内容を据え置きました。
[経済産業省 鉱工業指数2010年11月分速報値より]


●今回の結果からわかったこと

①生産指数が6ヶ月ぶり、出荷指数が5ヶ月ぶりに上昇に転じたこと。

②在庫率指数が前月比で8.2%の低下となったこと。

③基調判断が据え置かれていること。


●年末攻勢?

今回の結果は生産指数、出荷指数が上昇に転じ、在庫指数、在庫率指数が低下と前回までの状態から一転して明るい内容だったと思います。

年末商戦の影響でしょうか、10月の在庫率指数(在庫量を出荷量で割った指数)が8.4%の上昇だったのに対して11月は速報値ではありますが8.2%の低下と10月までの在庫を吐き出す勢いで出荷が増えたのがわかります。前回まで不安視していた在庫率の上昇が今回の速報値で解消されてひとまず安心といったところです。

ただ、前回下方修正された基調判断は依然として据え置かれた状態。今回のような明るい内容が続けばわりと早い時期に上方修正が行われる可能性があると思いますが、まだまだ油断できない状態だと思います。

在庫が減ったことによって今後の生産、出荷にどのような影響がでるのか。次回の速報が気になるところです。


■関連記事

鉱工業指数とは?
平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。
平成21年7月の鉱工業指数速報値について。
平成21年8月の鉱工業指数速報値について。
平成21年9月の鉱工業指数速報値について。
平成21年10月の鉱工業指数速報値について。
平成21年11月、12月の鉱工業指数について。
平成22年1月の鉱工業指数について。
平成22年2月の鉱工業指数について。
平成22年3月の鉱工業指数について。
平成22年4月の鉱工業指数について。
平成22年5月の鉱工業指数について。
平成22年6月の鉱工業指数について。
平成22年7月の鉱工業指数について。
平成22年8月の鉱工業指数について。
平成22年9月の鉱工業指数について。
平成22年10月の鉱工業指数について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



株式投資日記

新年のご挨拶。『株式投資で失敗しないためのブログ』

新年明けましておめでとうございます。ニコそらです。


昨年末から実家に帰省していたのですがあっという間に新年を向かえ本日1月4日、東京に帰ってきました。


昨年はいろいろな方にお世話になりました。本当に心から感謝しています。


今年も一年『株式投資で失敗しないためのブログ』と管理人のニコそらをどうぞよろしくお願いします。


お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。