株式投資で失敗しないためのブログ > スポンサー広告 > 流動資産とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

株式投資で失敗しないためのブログ > 貸借対照表について > 流動資産とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸借対照表について

流動資産とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

流動資産とは貸借対照表資産の欄に記載されている現金化しやすい資産のこと。

さらに流動資産のなかでも現金化しやすい順に3つに分けられる。

ちなみに貸借対照表では1年以内に現金化できる、あるいは返済しなければならないものを流動、それ以外ののもは固定に分類される。これをワンイヤールールという。


■おもな流動資産の種類

 ①当座資産
 ②棚卸資産
 ③その他の資産


■おもな当座資産

現金・預金…現金は会社が手許に持っているお金、預金は会社
        が銀行に預けているお金

受取手形…代金の代わりに受け取った手形で、まだ手形の決
        済期日がきていないために現金化されていないもの

  売掛金…商品を得意先に販売したものの、まだ回収していない
       お金

有価証券…株式、債券、投資信託など


■おもな棚卸資産
 
製造業か小売業かなどで変わってくるが、以下のようなものがある。

商品…他から仕入れたものを販売している場合の在庫

製品…自社の会社でつくったものを販売している場合の在庫

材料…製品をつくるために買った材料で、期末日の時点で
     まだ実際には使われていないもの

仕掛品…製品を作る途中の段階のもの。つまり、作りかけの製品


棚卸資産は多ければよいというものではない。
               ↓
 在庫の保管費用がかさんだり、仕入れ値より安い値段で売ることになったり、最悪捨てることになるから。
               ↓
 業種などによって違いはあるが棚卸資産、特に商品が多すぎる会社は注意が必要!!


■おもなその他の資産

短期貸付金…会社が貸し付けたお金のうち、1年以内に返済期
        日が来るもの。返済日まではお金にならないため、
        当座資産や棚卸資産よりも流動性が低くなる

前払金…商品などを購入する前に相手先にあらかじめ支払った
      お金

前払費用…支払った費用のうち、来期以降の費用とすべき金額

繰延税金資産…将来この分だけ税金の支払いが少なくなる可能
          性があることを示す。

貸倒引当金…売掛金や受取手形などのうち取引先の倒産などが
        予想され回収が難しいものを あらかじめ資産の金額
        から引いておいた金額。
 

■まとめ

※流動資産とは貸借対照表資産の欄に記載されている現金化しやすい資産のこと。

※おもな流動資産の種類①当座資産②棚卸資産③その他の資産
 
コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


スポンサーサイト

<<引当金とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』株式投資で失敗しないためのブログ負債とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』>>

<<引当金とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』株式投資で失敗しないためのブログ負債とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。