株式投資で失敗しないためのブログ > スポンサー広告 > 平成21年8月の鉱工業指数速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

株式投資で失敗しないためのブログ > 鉱工業指数について > 平成21年8月の鉱工業指数速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱工業指数について

平成21年8月の鉱工業指数速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

平成21年9月30日に経済産業省より発表された8月の鉱工業指数速報値についての記事です。

先月発表された7月の鉱工業指数速報値の内容は前月比で生産指数が1.9%の上昇。出荷指数が2.3%の上昇、在庫指数が0.2%の減少となり生産指数、出荷指数は5ヶ月連続の上昇、在庫指数は7ヶ月連続の低下でした。

今回発表された8月の鉱工業指数速報値内容は前月比で生産指数が1.8%の上昇、出荷指数は1.0%の上昇、在庫指数は0.0%と生産指数、出荷指数は6カ月連続の上昇、在庫指数は横ばいという内容でした。また、基調判断は「生産は持ち直しの動きで推移」とし先月と同じ内容となりました。
[経済産業省 鉱工業指数2009年8月分速報値より]


●今回の結果から分かったこと

先月と同様今月も基調判断が「生産は持ち直しの動きで推移」ということで国内の鉱工業(製造業)は少しづつ持ち直してきていると思います。ただ、前回の機械受注統計の内容で官公需、外需が大きく寄与していたことを考えると政権交代による補正予算の凍結、米ドル/円相場での円の上昇(円高)の影響によっては指数全体に多少なりとも影響があるのでは?と考えています。

特に円高に関しては、海外の需要が増えて生産、出荷が増加したとしても企業の利益が少なくなってしまうこともあり、生産指数、出荷指数が上昇したとしても企業の業績に直接反映されない可能性があると考えられます。


持ち直しで推移している鉱工業指数ですが最近の株式市場では新政権の動向やドル/円相場の影響が大きく、状況によっては関連性の薄いものになってしまいそうです。


■関連記事

鉱工業指数とは?
平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。
平成21年7月の鉱工業指数速報値について。
機械受注統計とは?


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ



スポンサーサイト

<<平成21年9月の日銀短観について。『株式投資で失敗しないためのブログ』株式投資で失敗しないためのブログ株式投資8ヶ月の結果。『株式投資で失敗しないためのブログ』>>

<<平成21年9月の日銀短観について。『株式投資で失敗しないためのブログ』株式投資で失敗しないためのブログ株式投資8ヶ月の結果。『株式投資で失敗しないためのブログ』>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。