スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDP速報値について

平成22年1~3月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年5月20日に内閣府より発表された平成22年1~3月期GDP速報についての記事です。

前回発表された10~12月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.1%年率換算で+4.6%と4~6月期の速報値から3四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成21年10~12月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された1~3月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.2%年率換算で+4.9%と4~6月期の速報値から4四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年1~3月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が4四半期連続で上昇していること。

②2009年度のGDP成長率が2008年度の-3.7%から-1.9%減少幅が小さくなっていること。

③内外需別寄与度の推移(実質)をみると2008年度は外需寄与度が-1.2%とマイナスに寄与していたのに対して2009年度は+0.4%とプラスに寄与していたこと。(内需寄与度は2008年度は-2.5%、2009年度は-2.4%


●やっぱり外需。

今回の内容は実質GDPの成長率が4四半期連続の上昇、2009年度のGDP成長率が2008年度と比較してマイナス幅が約半分になっているなど、景気が回復している(経済がプラス成長している)のを強く感じさせる内容だったと思います。

仮に今回発表された年率換算の+4.9%で経済がプラス成長していった場合、2009年度の-1.9%から一転、3.0%のプラス成長になるので参照年とされている2000年よりも経済が拡大しているということになります。

ただ、経済がプラス成長している背景には③からもわかるように外需が好調だからだと考えられます。欧州の財政不安朝鮮半島の緊張状態、中国人民元の切り上げなど問題はいろいろありますが、今後一年間GDPがプラス成長を続けるには内需の改善と外需の拡大が重要なポイントになると思います。

株式相場は特に欧州の財政問題による影響で株価が乱高下する日が続いていますが問題が早く解決されずに長期化してしまうと株価だけでなく国内の景気にも影響が出てくるように思います。

欧州の財政問題、早く解決してほしいところです。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

機械受注統計について

機械受注統計平成22年3月の実績について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年5月17日に内閣府より発表された機械受注統計平成22年3月の実績についての記事です。

前回発表された機械受注統計平成22年2月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で-3.8%の減少となりました。また、基調判断は「機械受注は、下げ止まりつつある。」とし内容を据え置きました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年3月実績より]

今回発表された機械受注統計平成22年3月の実績では「船舶、電力を除く民需」が前月比で5.4%の上昇となりました。また、基調判断は「機械受注は、下げ止まっている。」とし内容を上方修正しました。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成22年3月実績より]


●今回の結果からわかったこと

①「船舶、電力を除く民需」が前月比で5.4%の上昇したこと。

②基調判断が前回2月の「機械受注は、下げ止まりつつある。」から「機械受注は、下げ止まっている。」に上方修正されていること。

③今回発表された4~6月の見通しで「船舶、電力を除く民需」が対前期比で1.6%の上昇としていること。(前期1~3月期の見通しは2.9%の上昇)


●下げ止まった機械受注の今後は。

今回発表された内容は3月の機械受注の「船舶、電力を除く民需」は1月の3.1%の減少、2月の3.8%の減少から一転、5.4%の上昇とプラスに転じ、基調判断も「下げ止まっている。」に上方修正され”機械受注の減少に歯止めがかかった”という内容だったと思います。

株式市場では国内よりも欧州のほうに注目が集まっているせいか今回の内容は直接影響はなかったように思います。(むしろ欧州の財政不安による円高、ユーロ安の影響のほうが大きかった。)

今回の発表で4~6月の見通しは対前期比で1.6%の上昇を予想している「船舶、電力を除く民需」ですが他の経済指標なども見た上で国内の景気は順調に推移しているので概ね予想通りになるのでは?と思っています。

ただ、機械受注全体(機械受注総額)で考えた場合、欧州の財政不安による円高、ユーロ安の影響で外需が減少しその影響で受注総額も減少することが考えられます。(4~6月期の見通しでは機械受注総額が前期比4.7%の減少、外需が12.8%の減少となっています。)

今回の発表で下げ止まったとされている機械受注ですが、まだまだ不安が残る状態と言えると思います。株式相場と同じく2番底を考えておく必要がありそうです。


■関連記事

機械受注統計とは?
機械受注統計平成21年4月の実績について。
機械受注統計平成21年5月の実績について。
機械受注統計平成21年6月の実績について。
機械受注統計平成21年7月の実績について。
機械受注統計平成21年8月の実績について。
機械受注統計平成21年9月の実績について。
機械受注統計平成21年10月の実績について。
機械受注統計平成21年11月、12月の実績について。
機械受注統計平成22年1月の実績について。
機械受注統計平成22年2月の実績について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



株式投資日記

株式投資1年4ヶ月の結果『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。ニコそらです。今月で株式投資を始めて1年4ヶ月になりました。


株式投資1年4ヶ月の結果は保有株式の取得金額が279720円、時価評価額が350725円。評価損益が+71005円。評価損益率が+25.38%となりました。

今月は新しい銘柄を100株、73500円で購入したのでその分取得金額が増えました。先月の評価損益が+75880円、評価損益率が+36.80%だったので評価損益率は取得金額が増えたので低下しましたが、評価損益は欧州の債権問題で株価がもっと下落するのでは?と思っていたのですが今のところ影響はあまりないように思います。


今保有している銘柄の詳細は

①自動車メーカーの株
保有株数15株 取得金額32520円 時価評価額45225円 
評価損益+12705

②アパレルメーカーの株
保有株数100株 取得金額58700円 時価評価額89500円
評価損益+30800

③コーヒー関連の株
保有株数100株 取得金額115000円 時価評価額143600円
評価損益+28600

④清涼飲料水関連の株(今月購入した銘柄)
保有株数100株 取得金額73500円 時価評価額72400円
評価損益-1100

となります。

①、②の株は欧州の債権問題の影響で評価損益が若干目減りしました。特に①の自動車メーカーの株は下落幅が大きいです。ただ、③のコーヒー関連の株は年初来高値を更新。先月より7000円近く評価損益が上昇しました。

今回新しく購入した④の清涼飲料水関連の株は、前回結果を報告してから新しい銘柄を探していたのですが、良さそうな銘柄だったので会社四季報、企業のホームページ、決算書などをみて自分なりに分析して購入しました。

④の株もほかの銘柄と同じくマイナスからのスタートとなりましたが、決算書を見る限り財務的には十分な蓄えがあり、かなり健全なので、ほかの銘柄同様大事に育てるつもりで見守っていこうと思います。

欧州の債権問題の影響で株価が乱高下して安定しない日が続いていますが株価の変動は自分の力ではどうにもできないこと。今後大幅な下落ということも考えられますが、勉強するつもりで注意深く見守ろうと思います。


個人的なことなのですが来週火曜日から出張なのでなんとなく気ぜわしい週末です。しかも初の海外。成田から滞在先のホテルまで無事にたどり着けるか、無事に作業を終えて帰ってこれるか、ちょっと不安ですが頑張ってこようと思います。


■関連記事

株式投資、半年の結果。
株式投資8ヶ月の結果。
株式投資9ヶ月の結果。
株式投資10ヶ月の結果。
株式投資11ヶ月の結果。
株式投資1年の結果。
株式投資1年1ヶ月の結果。
株式投資1年2ヶ月の結果。
株式投資1年3ヶ月の結果。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


景気動向指数について

景気動向指数平成22年3月分速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年5月12日に内閣府より発表された平成22年3月の景気動向指数速報値についての記事です。


前回発表された2月分の景気動向指数の速報値は前月比でCI先行指数が1.2ポイント上昇の98.4ポイント、CI一致指数が0.2ポイント上昇の100ポイント、CI遅行指数が0.4ポイント上昇の84.2ポイントとなり、CI先行指数は12ヶ月連続の上昇、CI一致指数は11ヶ月連続の上昇、CI遅行指数は3ヶ月連続の上昇となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、改善を示している。」とし内容を据え置きました。


次に今回発表された3月分の景気動向指数の速報値は前月比でCI先行指数が4.4ポイント上昇の102.8ポイント、CI一致指数が1.1ポイント上昇の101.1ポイント、CI遅行指数が1.2ポイント上昇の85.4ポイントとなり、CI先行指数は13ヶ月連続の上昇、CI一致指数は12ヶ月連続の上昇、CI遅行指数は4ヶ月連続の上昇となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、改善を示している。」とし内容を据え置きました。
[内閣府 景気動向指数 平成22年2月分(速報)、景気動向指数 平成22年3月分(速報)の概要より]


●今回の結果からわかったこと

①CI先行指数が4.4ポイントの上昇と大幅な上昇をしていること。

②CI先行指数、CI一致指数ともに1年以上上昇を続けているということ。

③CI先行指数、CI一致指数ともに基準とされている平成17の100ポイントを上回っているということ。


●先行きは明るい?

今回の内容は前回の内容に輪をかけて国内の景気に期待が持てる内容だったと思います。特にCI先行指数(景気に先駆けて反応する指数)が4.4ポイントの大幅な上昇ということもあって景気の先行きに対してはかなり期待が持てる内容でした。

ただ、今回の統計の内容は3月のもの。欧州の債権問題が本格化したのが4月、5月ということを考えると来月発表される4月の景気動向指数は若干下振れするような気がしています。

欧州の債権問題によって為替相場は急激な円高ユーロ安になりました。日経平均株価もその影響によって乱高下している状況ですが国内の企業にとっては為替差損などのデメリットだけでなく、逆に円高で食品や原材料を安く仕入れられるといったメリットもあるはず。企業、業種にもよりますが円高を追い風に国内のデフレを乗り切ってほしいものです。


■関連記事

景気動向指数とは?
景気動向指数平成21年4月分速報値について。
景気動向指数平成21年6月分速報値について。
景気動向指数平成21年7月分速報値について。
景気動向指数平成21年8月分速報値について。
景気動向指数平成21年9月分速報値について。
景気動向指数平成21年10月分速報値について。
景気動向指数平成21年11月、12月分速報値について。
景気動向指数平成22年1月分速報値について。
景気動向指数平成22年2月分速報値について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ




お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。