スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱工業指数について

平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんばんは。今日は平成21年5月の鉱工業生産指数の速報値が経済産業省から発表されましたね。

今日は鉱工業生産指数の結果についてと、同じ鉱工業指数の重要な項目である出荷、在庫の指数について考えてみたいと思います。


鉱工業生産指数について

鉱工業生産指数は鉱工業指数のなかでも鉱工業の企業がどれぐらい生産をしたか、その水準を表す指数です。気になる結果はというと前月比5.9%上昇の79.2(季節調整済み)で、3カ月連続の上昇となりました。[経済産業省ホームページより]

この結果から分かることは3ヶ月前が生産の底(直近で生産が一番少ない時期)だったということと、3月以降生産が伸びていることになりますね。


生産者出荷指数について

生産者出荷指数は鉱工業の企業がどれぐらい製品を出荷したかを表す指数です。今回の結果は前月比4.5%の上昇と3か月連続の上昇で78.7(季節調整済み)となりました。
[経済産業省ホームページより]


生産者製品在庫指数について

生産者製品在庫指数は鉱工業の企業が生産した製品が出荷されずにどれぐらい在庫として残ったかを表す指数です。今回の結果は前月比0.6%の低下と5か月連続の低下で96.5(季節調整済み)となりました。在庫率は前月比0.1%の上昇と3か月ぶりの上昇となり143.1(季節調整済み)となりました。
[経済産業省ホームページより]


■3つの指数のまとめ

 今回の生産、出荷、在庫指数から分かることは今までの在庫を出荷することによって在庫を減らし、それによって新しい製品の生産が増えたと考えることができると思います。少しづつ企業が元気になってきているとも言えますね。

ただ、今回の速報値は市場予想よりも少なかったということで株式市場ではあまり材料視されなかったようです。市場予想より少ないということは、市場関係者が思ってたよりも企業の回復具合が小さかったということ。まだまだ安心はできそうにありません。

今後はエコポイントや自動車優遇税制などの景気刺激策によって企業が順調に生産を増やしていけるか、それとも横ばい、減少に転じてしまうのか。このあたりがポイントになりそうです。


■関連記事

鉱工業指数とは?


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ



スポンサーサイト

株式投資日記

初めての配当金!『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんばんは。昨日からの急激な気温の変化でとうとうエアコンを使い始めたニコそらです。


あ~~~~~涼しい~。

できることなら部屋を冷凍庫のようにギンギンに冷やしてしまいたい…。(笑)



でも~~。


……………。


やっぱり地球にもよくないし、体にも冷やしすぎは良くないし。控えめにしておこうと思います。(っていうか電気代が気になってる。)



話は変わりますが、今日は嬉しい知らせが届きました。配当金です。

株式投資を始めて初の配当金。

1年前は株式投資で配当金をもらうなんて想像もできませんでしたが、こうして配当金の領収書を見ていると「少しは成長できたのかなぁ。」なんて思います。

正直、金額は100円ちょっととかなり少ないですが企業側に株主として認められたようでとても嬉しいです。

ただ、今年は残念なことに持っている株数が単元未満だったので株主総会のお知らせは手元に届きませんでしたが、来年の今頃には最低でもちゃんと1単元株を買って株主総会に出席できればと思います。


自分でいうのもなんですが少し変な目標ですよね。儲けとか考えてないし。でも長期的に考えるなら”あり”だとも思うし…。


とりあえずよく考えておこうと思います。


毎日仕事をしながら失敗しないように株式投資の勉強をして、実際に投資をしてといろいろ大変なこともありますが、これからも頑張って株式投資を続けていこうと思います。


株式投資始めて良かったーー!!(^^)v



コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ




株式投資日記

株式投資の天地人。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。梅雨の湿気にも負けずに仕事と株式投資を頑張っているニコそらです。

ニコそらが住んでいる東京も10日に梅雨入りしてからすっかり晴れ間が貴重になりました。

今日も朝からムシムシして部屋は窓全開で扇風機のスイッチが入ってます。


あ~~~涼しい。



話は変わりますがニコそらは株式投資を始めて今月で5ヶ月目に突入しました。

今月の結果はというと評価損益が+6,255円。評価損益率が+19.23%でした。

先月と比較して-2700円。-8.27%となりました。

ニコそらが持っている株は為替相場の影響を強く受ける銘柄なんですが、最近の円高に押されて株価が下落してしまいました。ただ今のところ評価損益はプラスを維持しているので一安心です。

今思えば今年の1~3月、景気の底の時に株を買っておいて良かったと思います。どこまで株価が下がるのか分からなかったし、いつ上昇に転じるのか、いつ景気が上向くのかが分からなくて不安もありましたけど、勇気を出して買った結果、今までプラスを維持しているわけですからね。

中国古典{孟子(もうし)}の中の有名な言葉に「天の利は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず。」という成功の条件を説いた言葉があるのですが(今年のNHK大河ドラマ天地人でも知られていますね。)

株式投資においては

天の利=タイミング  地の利=環境  人の和=情報

なのではとニコそらは考えています。

今のところプラスを維持できているのはこの3つのうち天の利=タイミングがよかったからだと思っています。
(孟子では一番重要なのは”人の和”と説いています。)


少し自己分析が長くなってしまいましたが、これからも謙虚さを忘れず無理せず柔軟に、負けない、失敗しない株式投資をしていこうと思います。(^^)v


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ




機械受注統計について

機械受注統計平成21年4月の実績について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんばんは。ニコそらです。今日は機械受注統計平成21年4月の実績値が発表されましたね。

その気になる内容はというと、民間設備投資の先行指標とされている「船舶、電力を除く民需」が前月比5.4%減の6888億円とのこと。
[内閣府 機械受注統計調査報告 平成21年4月実績より]

まだまだ国内企業の設備投資意欲は低いようですね。

ただ、今回の機械受注統計を業種別に見ていくと前月比で電気機械が+15.6%、自動車工業が+10.5%と業種によってはプラスの業種がありました。

それともう1つ以外だったのは民需はマイナスでしたが官公需は前月比+22.1%とプラス幅が大きかったことでしょうか。おそらくは新年度ということと、公共事業などの景気対策の影響ではないかと思います。

以上のことから今回の機械受注統計の内容を簡単にまとめると”民間の設備需要が低迷しているのを官需がなんとかフォローしている”ということになると思います。(あくまで個人的な推測)

四半期ごとの見通しによると6月まで民需は減少するとの予測。企業が本格的に設備投資を行うのはもう少し先のようです。


■関連記事

機械受注統計とは?


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ




景気動向指数について

景気動向指数平成21年4月分速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんばんは。最近は晴れの日が少なくてちょっと残念な気分のニコそらです。


そろそろ来るんでしょうかね~。梅雨の時期が…。

あ~~。なんか憂鬱になるな~。ニコそらは湿気が苦手です。
特に梅雨の時期の湿気が…。


そんなニコそらの気持ちを知ってか知らずか部屋の観葉植物はすくすく成長しているし。

いつになく潤った葉っぱを増やしています。(笑)

彼らとの付き合いも長くて、すでに4年ぐらいになります。100円ショップで見かけたときは頼りなさそうな葉っぱを2,3枚つけてただけなのに、今では葉っぱの数もだいぶ増えて高さも50cm以上。大きくなったものです。

彼らのように湿気や水を味方にしてすくすく成長してみたいものです。


今日は内閣府から4月の景気動向指数の速報値が発表されましたね。

その内容はというと、”景気動向指数(CI 一致指数)そのものは悪化しているものの前月差が11ヵ月ぶりにプラスに転じて下げ止まりの動きも見られる”というもの。
[内閣府 景気動向指数平成21年4月(速報)の概要より]

まだまだ日本は不況の真っただ中ですが景気の底はやはり今年の1~3月だったという裏付けともとれそうですね。

これから先はアメリカの長期金利などもありますが、国内では企業の設備投資と雇用がどのくらい改善されるかがポイントになりそうです。

まだまだ世界は不況の真っただ中ですが今回の景気動向指数の内容で100年に一度の大不況も意外に早く脱出できるのでは?と思ったニコそらです。


■関連記事

景気動向指数とは?
景気動向指数平成21年4月分速報値について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ




経済指標について

景気動向指数とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

景気動向指数とは内閣府が公表している経済指標の1つで景気の動きに敏感な個々の指数を統合してつくられる合成指数のこと。景気の方向(拡大しているか縮小しているか)をあらわすDI(ディフュージョン・インデックス)と景気の勢い(景気拡大、縮小の強さ)をあらわすCI(コンポジット・インデックス)の2つがある。


■そもそも合成指数って?

合成指数とは統計を取ることを目的に作成された統計(1次統計)をもとにそれを加工、合成して作成された2次統計のこと。

景気動向指数では景気に先駆けて反応する指数を先行指数、景気とほぼ一致して反応する指数を一致指数、景気に対して遅れて反応する指数を遅行指数としており、この3つの指数を組み合わせることによってDIとCIが作成されている。


景気動向指数の項目と公表時期は?

景気動向指数には以下の2つの項目がある。↓

◎DI(ディフュージョン・インデックス)
景気に敏感な指標を選びその中から上昇(拡張)を示している指標の割合を示すもの。主に景気転換点(景気の山・谷)の判定に用いる。

DIは採用している指標の各月の値を3ヶ月前の値と比較して増加した時には+を、保合いの時には0を、減少した時には-をつけて算出しており、一般的には50%を目安に50%以上の場合は景気拡大、50%未満であれば景気後退をあらわしている。
[内閣府ホームページより]

◎CI(コンポジット・インデックス)
景気に敏感な指標の量的な動きを合成した指標であり、主に景気変動の大きさやテンポ(量感)を測定することを目的としている。

CIは複数の経済指標の前月と比べた変化量を合成したもので、一般に一致指数が上昇している時が景気の拡張局面、低下している時が後退局面であり、一致指数の変化の大きさが景気の拡張または後退のテンポを 表している。
[内閣府ホームページより]


景気動向指数は毎月10日前後に前々月の速報値が公表されその約10日後に改訂値が公表される。


■指数を見るときの注意点

国内の景気を敏感に表している景気動向指数ですが注意しなければならない点がいくつかあります。

◎DIの注意点
 50%を目安に50%以上であれば景気拡大、50%以下であれば景気後退と判断できますが数値の変化が大きいため、ある月で50%以上だったとしても翌月には50%以下になってしまうことがあります。そのため、一般的には3ヶ月連続で上昇、あるいは下降することによって景気拡大、景気後退を判断することが多いようです。

◎CIの注意点
 一致指数が上昇している時が景気の拡張局面、低下している時が後退局面と判断することができますが、あくまで景気が拡張局面にあるのか、後退局面にあるのか、またの転換点がどこかについてはDIと合わせて判断する必要があります。


■まとめ

※景気動向指数とは景気の動きに敏感な個々の指数を統合してつくられる合成指数のこと!

※DIは3ヶ月連続で上昇、下降したかで景気拡大、後退を判断する!

※CIはDIと合わせて判断する!



コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ




お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。