スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資日記

株式投資に大切な考えとは?その2『株式投資で失敗しないためのブログ』

今週の株式相場は最終日に円安などが好感されてなんとか上昇しましね。それでも日経平均は先週末とほぼ同水準。多少の値動きはあったものの結果として日経平均株価はあまり変わりませんでした。

今週の相場の様子から考えると株式相場のトレンドは下降トレンドから揉み合いトレンドに変わってきたように思います。


孫子の兵法に「勝兵は先ず勝ちてしかる後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いてしかる後に勝ちを求む」という言葉があります。

意味はあらかじめ勝てる態勢を整えて戦った者が勝利し、戦いを始めてから勝利を掴もうとする者は敗れるというもの。

株式相場に例えると、どういう銘柄なのか、財務の健全性はどうなのかとか、株を買う前にどのタイミングで買うのか、いくら利益が出たら売るのかをはっきりさせている人は勝って、株を買ってから考えている人は負けてしまう。ということになりますね。

そう考えてみると損切りも計画的なものであれば、それは勝ちなのかもしれないですね。もちろん損切りはしないにこしたことはないですけど。あえて損切りをして、次の戦いのための態勢を整えて戦いに挑む。そして勝つ。

大きな上昇も下落もない今は体制を整える時期かのかもしれませんね。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


スポンサーサイト

テクニカル分析について

トレンドラインとは?『株式投資で失敗ないためのブログ』

トレンドラインとは株価チャートにあるローソク足の大まかな流れのこと。上昇トレンド下降トレンドもみ合い(横ばい)トレンドの3つに分かれる。トレンドラインを知ることで今後の株の値動きを予想することができる。

株価チャートを波に例えるとトレンドラインはその波の流れのこと。


トレンドを見分けるには?

チャート上で株価の山の部分、谷の部分を線で結ぶ。このとき山と山を結んだ線を上値抵抗線、谷と谷を結んだ線を下値支持線といい、そのあいだの部分をボックスゾーン(ボックス圏)という。これらの3つを使うことでトレンドがわかる。


■3つのトレンド

  jousyou
上昇トレンドは株価が上下しているが一定の期間での株価が上昇している状態をあらわしている。

momiai
もみ合い(横ばい)トレンドは株価が上下しているが一定の期間での株価が上昇も下落もしていない状態をあらわしている。

 kakou
下降トレンドは株価が上下しているが一定の期間での株価が下落している状態をあらわしている。


■まとめ

 ※トレンドラインとは株価チャートにあるローソク足の大まかな流れのこと。

 ※トレンドラインは上昇トレンド、下降トレンド、もみ合い(横ばい)トレンドの3つに分かれる。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


テクニカル分析について

ローソク足とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

ローソク足とは株価チャートで株の一定期間の値動きをあらわすためのもの。ローソク足1本で月足なら1ヵ月、週足なら1週間、日足なら1日の値動きをあらわしている。ローソク足の見方を覚えることで株価チャートでの株の値動きがわかる。


ローソク足の見方は?

ローソク足は白塗りの線が陽線といい株価が上昇してその期間の取引が終了した時に使われる。黒塗りの線は陰線といい株価が下落してその期間の取引が終了した時に使われる。ローソク足のまん中、始値と終値のあいだは「胴体」といい、実際に取引が成立した部分をあらわしている。
胴体の上下に伸びている線は「ヒゲ」といい、上のヒゲを「上ヒゲ」、下のヒゲを「下ヒゲ」という。それぞれどれぐらいの値段で注文があったかをあらわしている。

rousokuasi


ローソク足があらわしている高値、安値、始値、終値のことを四本値といい、それぞれ以下のような意味がある。↓

 高値(たかね)…その期間の一番高かった値段
 安値(やすね)…その期間の一番安かった値段
 始値(はじめね)…その期間の最初についた値段
 終値(おわりね)…その期間の最後についた値段


■まとめ

 ※ローソク足とは株価チャートで株の一定期間の値動きをあらわすためのもの。
 
 ※株価が上昇した時は陽線(白塗りの線)下落した時は陰線(黒塗りの線)となる。

 ※高値、安値、始値、終値のことを四本値という。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


テクニカル分析について

テクニカル分析とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

テクニカル分析とは過去の株価の動きから今後どのように株価が変わるかを予測して売買のタイミングを知る方法のこと。株価チャートによる分析を主とする。


■株価チャートって?

 株価チャートとは過去の株価の動きをまとめたグラフのこと。ローソク足の株価チャートが一般的で、チャートを見ることで過去と現在の株価を比較すろことができ、売り時なのか買い時なのか判断することができる。

           ローソク足の株価チャート↓
chart

簡単に説明すると白抜きのローソク足のところは株価が上昇して取引が終了し、黒塗りのローソク足のところは株価が下落して取引を終了しています。グラフだと2月3日、5日、6日、7日が白抜きのローソク足なので株価が上昇して取引が終了し、2日、4日は黒塗りのローソク足なので株価が下落して取引が終了したことになります。

この株価チャートは1日の株価の動きをあらわしているので日足(ひあし)チャートといいます。株価チャートにはその他に1か月の株価の動きをあらわした月足(つきあし)チャート、1週間の株価の動きを週足(しゅうあし)チャートという。また1分、20分の株価の動きをあらわしたものを1分足(いっぷんあし)、20分足(20ぷんあし)チャートといいます。テクニカル分析ではこれらのチャートを見て株価が今後どのように動くかを予想するわけです。


■まとめ

テクニカル分析とは過去の株価の動きから今後どのように株価が変わるかを予測して売買のタイミングを知る方法のこと。


テクニカル分析に株価チャートは必需品!!


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


株式投資日記

株式相場と今日の空。『株式投資で失敗しないためのブログ』

今日は天気も良くて穏やかな一日でしたね。株式相場も早く今日の天気みたいに穏やかさを取り戻してほしいな~なんて思います。


今週の株式相場もアメリカの影響を受けて下落しそうな様子。

テレビやインターネットで経済ニュースを見ていても、これといって株価上昇につながるような情報もないですし。

あるとすれば為替相場がドル/円で円安に振れいていることぐらいでしょうか。



空を眺めていると株価の下落もなぜか小さいことに思えてくるので不思議です。



っていうか下落することになれてしまったんでしょうかね(笑)

株価にもこの先の下落がある程度織り込み済みだといいのですが…。


小さいことにとらわれない広い視野と心を持ち続けていきたいなぁ~。

まだまだ小さい人間ですけど、いつか今とは違う視点で世界を見ることができる人間になれればなぁ。なんて思います。


空を眺めてそんなことを考えていた一日でした。


明日からも株式投資の勉強がんばろ~っと。成功も失敗も勉強次第。コツコツ頑張るのみ!

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


株式投資日記

株式投資に大切な考えとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

株式投資を始めて早1か月。いろいろ勉強してきましたが、最終的には自分自身の考えが大事なんだなって思う今日この頃です。

自分は読書が好きで歴史に関する本とかビジネス書、自己啓発の本を読んだりするのですが、その中でも一番影響を受けたのはやっぱり”孫子の兵法”でしょうか。

ちなみに”孫子の兵法”は中国が春秋時代だったころに孫武(そんぶ)という人が書いた兵法書のこと。戦争に負けないためのノウハウが書かれています。武田信玄が孫子の兵法から引用して「風林火山」の旗を掲げたことでも有名ですね。


戦争に負けないためのノウハウがたくさん書かれていますが、個人的には「彼を知り己を知れば百戦して殆からず」、「勝算なきは戦わず」が好きです。無理が一切ないとても柔軟な考えですよね。


そんな孫子の兵法ですが、仕事や毎日の生活に役立っていますし株式投資にもこういう考えが役に立ってます。

無理せず柔軟に。そして負けない(失敗しない)努力をする。

日々何かに気づいて成長することはとても大事なこと。これからも株式投資頑張っていこうと思います。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

ファンダメンタルズ分析とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

ファンダメンタルズ分析とは企業の決算書や業界の動向などから株の価値を見極める方法。企業の業績、財務などにスポットをあてた分析方法。


ファンダメンタルズ分析でわかることは?

 ファンダメンタルズ分析の場合、企業の決算書を用いるのが一般的でそれにより企業の安全性、将来性、財務の健全性などがわかる。その他、配当金、社長の名前、役員の構成、グループ会社や大株主の状況などがわかる。


■決算書のほかに大切なものは?

 企業のホームページの製品情報や企業の活動内容、社長のコメントや経営方針などのIR情報。テレビや新聞などの情報など。あらゆるメディア、情報で企業を知ることが大事。


■まとめ 

 ※ファンダメンタルズ分析とは企業の決算書や業界の動向などから株の価値を見極める方法。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


キャッシュフロー計算書について

財務キャッシュフローとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

財務キャッシュフローとは会社の財務活動によるお金の流れをあらわしたもの。財務キャッシュフローはキャッシュフロー計算書に記載される。


■会社の財務活動とは?

 会社が銀行からお金を借りたり返したり、株主に配当金を支払ったりなど会社がお金を調達したり、支払ったりすること。


財務キャッシュフローのおもな項目

○短期借入金の純増減額
 短期借入金とは1年以内に銀行などに返済しなければならないお金のこと。その増減額が記載される。

○長期借入による収入
 長期借入金とは1年以上後に返済期日がくる借入金のこと。その増減額が記載される。

○配当金の支払い額
 株主に支払った配当金の支払額が記載される。


■財務キャッシュフローはどう判断すれば?

 たとえば、営業、投資、財務のキャッシュフローすべてがプラスだった場合は利益を上げることはできたものの、土地、建物を売却しても借入金が増えていると考えることもできるし、営業、財務キャッシュフローがプラスで投資キャッシュフローがマイナスだった場合は設備投資したことによって財務キャッシュフローがプラスになったとも考えられる。両方とも財務キャッシュフローはプラスだが、プラスになった理由は異なっている。

 ※財務キャッシュフローだけではなぜプラスなのか、なぜマイナスなのか判断できないため、プラスだからよい、マイナスだから悪いという判断はせずに、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローとの兼ね合いで判断する。


■まとめ

 ※財務キャッシュフローとは会社の財務活動によるお金の流れをあらわしたもの。

 ※財務キャッシュフローは営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローとの兼ね合いで判断する。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


キャッシュフロー計算書について

投資キャッシュフローとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

投資キャッシュフローとは会社の投資活動によるお金の流れをあらわしたもの。投資キャッシュフローはキャッシュフロー計算書に記載されている。


■会社の投資活動って?

 会社が行っている投資活動は大きく分けて2つあり、1つは他社の株式などの有価証券を取得するもの。もう1つは自社の工場を新しく建設したり、機械を購入したりといった設備投資がある。


投資キャッシュフローのおもな項目

○有価証券の取得による支出
 他社の株式や債権など、有価証券を取得したときの金額が記載される。

○有形固定資産の取得による支出
 有形固定資産とは土地や建物、車や工場で使う機会、コピー機などのこと。これらを取得した時の金額が記載される。

○無形固定資産の取得による支出
 無形固定資産とはソフトウェアや特許権といった目に見えない資産のこと。これらを取得したときにかかった金額が記載される。


■投資キャッシュフローがプラスの場合とマイナスの場合

 投資キャッシュフッローがプラスの場合(金額が増えた場合)は会社が有価証券、土地や建物、もしくは店舗などを売却したということ。
              ↓
事業規模が縮小している可能性がある。


 投資キャッシュフローがマイナスの場合(金額が減った場合)は有価証券を購入したり、土地や建物を購入した。
              ↓
事業規模が拡大している可能性がある。


※業界、業種によって投資キャッシュフローの金額に差があるが会社はより良いものを作ったり、サービスを提供するために設備投資を行うため、投資キャッシュフローはマイナスになるのが一般的である。


■まとめ

※投資キャッシュフローとは会社の投資活動によるお金の流れをあらわしたもの。

※投資キャッシュフローはマイナスになるのが一般的。
 
コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


キャッシュフロー計算書について

営業キャッシュフローとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

営業キャッシュフローとはキャッシュフロー計算書で会社が本業でどれだけ利益を上げることができたかをあらわしたもの。また、本業でのお金の流れをあらわしたもの。


営業キャッシュフローのおもな項目

○税引前当期純利益
 損益計算書の税引前当期純利益の金額と同じ金額。

○減価償却費
 会社の建物、車、ソフトウェアなどの固定資産は時間が経つにつれて価値が下がる。その価値が下がった分を費用として計上したもの。

○売上債権
 受取手形や売掛金などのまだ回収していない代金のこと。その増減額が記載される。

○棚卸資産
 会社が持っている在庫のこと。増減額が記載される。

○仕入債務
 支払手形や買掛金のこと。まだ支払っていないお金。売上債権と同様に増減額が記載される。


営業キャッシュフローは営業利益と金額がほぼ一致する

 営業キャッシュフローはお金の流れをあらわしているため、売掛金や買掛金など、まだ費用や利益として計上していないお金があるが金額はほぼ営業利益と一致する。


営業キャッシュフローがプラスの場合とマイナスの場合

 営業キャッシュフローがプラスということは、仕入れから販売代金の回収までがスムーズで、かつ利益が出ている状態なので株主に多く配当金を渡したり事業を拡大するために設備投資できる。

 営業キャッシュフローがマイナスの場合は仕入れ代金など出ていくお金に対して回収しているお金が足りない状態。もしくは商品が売れずに在庫が増えている状態と考えることができる。業界や業種の好不況にもよるが銀行などから資金を調達できないと倒産する可能性もある。


■まとめ

※営業キャッシュフローとはキャッシュフロー計算書で会社が本業でどれだけ利益を上げることができたかをあらわしたもの。

※営業キャッシュフローは営業利益と金額がほぼ一致する。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


株式投資日記

株式投資に性格は関係ある?『株式投資で失敗しないためのブログ』

株式投資と関係あるかどうかわかりませんが、面白い占いがあったで早速占ってみました。↓


日本歴史占い無料


占ってみた結果はというと…。


天下の大泥棒、石川五右衛門でした(笑)



結果をまとめてみると、(いいとこだけ)

孤高でクールでオリジナリティにあふれている人。



カッコイイ……。(笑)



性別と生年月日を入力するだけの簡単な占いなので、ほんとに合っているかはわかりませんけどね。

自分としては気に入っています。

株式投資に自分の性格がどう影響するのか分かりませんけど、占いなどで自分が知らない自分をちょっとだけ知ってみるのも面白いですね。

株式投資失敗しないように頑張ろっと!

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


株式投資日記

株式投資ってむずかしい?『株式投資で失敗しないためのブログ』

今週の株式相場は水曜日に祝日をはさんだせいなのか、アメリカの金融政策発表のせいなのか下げる場面が多かったような気がします。

そんななかですが株を少しだけ買い増ししてみました。


ほんとに少しだけですよ。



3株


結果として、含み益ですが今のところプラスをキープしているので自身としては満足しています。

ちょっと気になるのが逆張りで買っているつもりが順張りになっているんですよね(笑)


何故?


株式投資ってやっぱり奥が深いんでしょうかね。難しい部分もあるんだなって思いました。失敗はしていないんで満足してますけど。


とはいえまだまだ勉強が足りない証拠なので頑張りたいと思います。

毎日の少しずつの努力以上に大切なものってないと思いますから。


株式投資の結果はまた改めて報告させて頂きますね。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


キャッシュフロー計算書について

キャッシュフロー計算書とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

キャッシュフロー計算書とは会社のお金の流れをあらわしたもの。キャッシュフロー計算書では損益計算書、貸借対照表ではわからない会社のお金の流れを知ることができる。


キャッシュフロー計算書の重要性

 よく「黒字倒産」て聞いたりしますが、内容はというと文字通り、会社は利益を上げていて黒字だったけど倒産してしまったというもの。会社は赤字だから倒産する、黒字だから安泰というわけではなく資金繰りがつかなくなったときに倒産します。なので、たとえ利益を上げていても資金繰りが大切というわけです。

 ところが損益計算書や貸借対照表ではこの資金繰りがいまいち分かりにくいわけです。損益計算書や貸借対照表では期末時点での「結果」しか分からないわけですから当然といえば当然です。そこでキャッシュフロー計算書の出番なわけですね。

 キャッシュフロー計算書には、営業活動、投資活動、財務活動それぞれのお金の流れが記載されているので会社が今までどんなふうにお金を稼いで、投資して、調達したかが一目で分かります。

 キャッシュフロー計算書の重要な点をもう1つ。損益計算書や貸借対照表は金額をごまかしたりできてしまうのですが(粉飾決算)、キャッシュフロー計算書は取引先や銀行、株主などとのお金のやり取りを記載しているのでごまかしがきかないのも重要な点です。
 

■キャッシュフロー計算書はどう使う?

 キャッシュフロー計算書は他社と比べたり、会社の過去のキャッシュフローと比べたりして使います。損益計算書や貸借対照表と同じですね。


■まとめ

キャッシュフロー計算書とは会社のお金の流れをあらわしたもの。

※キャッシュフロー計算書はごまかしがきかない。

※キャッシュフロー計算書は他社と比べたり、会社の過去のキャッシュフローと比べたりして使う。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

PBRとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

PBR(price book-value ratio)とは株価純資産倍率といい株式投資したい、もしくは株式投資している会社の株価が割安か割高かをあらわす指標。

●株式投資をする上では重要な指標の1つなので、知っている方がほとんどだと思いますが確認のつもりで読んでいただければと思います。


PBRを求めるには?

 PBRは以下の式で求めることができる。↓

PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株当たり純資産

1株当たり純資産は純資産÷発行済株式総数で求められる。


■PBRの目安は?

 PBR(株価純資産倍率)が1倍を下回っていれば株価が株主の持ち分よりも低い金額になっていることになるので割安と判断できる。


■まとめ

※PBRとは株価純資産倍率といい株価が割安か割高かをあらわす指標。

※PBRが1倍を下回っていれば株価は割安と判断できる。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

PERとは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

PER(price earnings ratio)とは株価収益率といい、株式投資したい、もしくは株式投資している会社の株価が割安か割高かをあらわす指標。

●株式投資をする上では重要な指標の1つなので、知っている方がほとんどだと思いますが確認のつもりで読んでいただければと思います。


PERを求めるには?

 PERは以下の式で求めることができる。↓

 PER(株価収益率)=株価÷1株当たり純利益

1株当たり純利益は当期純利益÷発行済株式総数で求められる。


■PER(株価収益率)の目安は?

 一般的にPER(株価収益率)の適正水準は20倍であり、これより低ければ低いほど割安で、高ければ高いほど割高といわれている。また、今後高い成長が見込める会社のPERは高くなる傾向がある。

 業種や今後の見通しなどによって適切な水準は変わる。


■まとめ

※PERは会社の株価が割安か割高かをあらわす指標。

※一般的にPER(株価収益率)の適正水準は20倍である。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

固定長期適合率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

固定長期適合率とは固定比率よりも現実的な指標で、固定資産が自己資本(純資産-新株予約権-少数株主持分)と固定負債(1年以内に返済する必要のないお金)でどのくらいまかなわれているかをあらわす指標。


固定長期適合率を求めるには?

固定長期適合率は以下の式で求められる。↓

固定長期適合率={固定資産÷(自己資本+固定負債)}×100

貸借対照表に新株予約権や少数株主持分がなければ「自己資本=純資産」となる。
 ( )の計算を先にする。
自己資本と固定負債の金額をたした値で固定資産の金額を割り算する。最後に率なので×100する。


固定長期適合率と固定比率の違いは?

 固定比率との違いは固定負債が含まれていること。固定資産を全額自己資本でまかなうのは現実的に無理だとしても、早期に返済の必要のない固定負債でまかなわれていればよしとしようというものです。


■固定長期適合率の目安は?

 固定長期適合率は低ければ低いほど安全で100%以下に収まっていなければならない。100%を超えている場合は要注意!!


■まとめ

 ※固定長期適合率とは固定比率よりも現実的な指標で、固定資産が自己資本と固定負債でどのくらいまかなわれているかをあらわす指標。

 ※固定長期適合率が100%を超えている場合は要注意!

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

固定比率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

固定比率とは固定資産が自己資本(純資産-新株予約権-少数株主持分)でどれぐらいまかなわれているかあらわす指標。


固定比率を具体的に説明すると…。

 会社が所有している土地、建物、車などのことを固定資産といいますが、この固定資産が自己資本(投資家が出資したお金や、会社が持っているお金)でどれぐらいまかなわれているかをあらわす指標。固定比率が高ければ高いほど固定資産の一部が負債(借入金など)でまかなわれていることになり、会社の安全性は低くなる。


■固定比率を求めるには?

 固定比率は以下の式で求めることができる。↓

 固定比率=(固定資産÷自己資本)×100

 貸借対照表に新株予約権や少数株主持分がなければ「自己資本=純資産」となる。
 ( )の計算を先にする。


■固定比率は低ければ低いほどよい

固定比率は低ければ低いほど会社の安全性は高い。 固定比率が100%以下であれば固定資産の全額が自己資本でまかなわれていることになる。(現実には100%以下の会社は少ない。)


■まとめ

 ※固定比率とは固定資産が自己資本でどれぐらいまかなわれているかあらわす指標。

※固定比率は低ければ低いほど会社の安全性は高い。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

流動比率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

流動比率とは流動資産に対する流動負債の割合をあらわす指標。流動資産は1年以内に現金化できる資産、流動負債は1年以内に返さなければならないお金(借入金など)のこと。流動比率を知ることによって1年以内に返済しなければならない負債の資金がどれぐらいあるかが分かる。


流動比率を求めるには?

 流動比率は以下の式で求めることができる。↓

流動比率=(流動資産÷流動負債)×100

流動資産、流動負債は貸借対照表の流動資産合計、流動負債合計の金額を使う。
( )内の計算を先にする。


■流動比率が低いと会社は倒産する?

 流動比率は高ければ高いほどよいとされているが、100%を切るのは流動負債に対して十分な資金がないということになるため危険。だが、流動比率が100%を切ったら絶対に倒産するというわけではない。

 たとえば、スーパーなどの流通業は、毎日お金が入ってくるから流動比率が100%を下回っていても、資金繰りに大きな問題はない。業界ごとの特性を押さえた上で分析することが大切。


■まとめ

 ※流動比率とは流動資産に対する流動負債の割合をあらわす指標。

 ※流動比率は高ければ高いほどよいとされている。

 ※業界ごとの特性を押さえた上で分析することが大切。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

自己資本比率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

自己資本比率とは総資本(総資産)に占める自己資本(純資産から新株予約権と少数株主持分を引いたもの)の割合をあらわしたもの。自己資本比率を求めることで会社の財務的な安全性がわかる。


自己資本比率を求めるには?

自己資本比率は以下の式で求めることができる。↓

自己資本比率=(自己資本÷総資本)×100

 総資本は貸借対照表の負債・純資産合計の金額、自己資本は純資産から新株予約権と少数株主持分を引いた金額となる。
( )内の計算を先にする。


■自己資本比率が高い場合と低い場合

 自己資本比率が高いということは、調達した資金のうち返済の必要のないお金が多いということ。逆に自己資本比率が低いということは、資金調達の多くを銀行などからの借入金をはじめとした負債に頼っているということになる。

 自己資本比率が高い会社は好況、不況の波にのまれにくく安定した経営を続けていくことができるが、自己資本比率が低い会社は多額の借入金を背負っている場合が多く、不況の儲からないときでも多額の借入金の返済に追われるため経営難に陥りやすい。(不況を乗り越えるのが大変)

 ※自己資本比率の目安は業種によって異なるが40%ぐらいが目安となる。


■まとめ

 ※自己資本比率とは総資本に占める自己資本の割合をあらわしたもの。

※自己資本比率の目安は業種によって異なるが40%ぐらいが目安となる。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

棚卸資産回転率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

棚卸資産回転率とは会社が仕入れた商品がきちんと売れているかどうか知るためのもの。棚卸資産回転率を知ることで会社の仕入れた商品がきちんと売れているかしることができる。棚卸資産とは簡単にいうと在庫のこと。


棚卸資産回転率を求めるには?

棚卸資産回転率は以下の式で求めることができる。↓

棚卸資産回転率=売上高÷棚卸資産

棚卸資産は貸借対照表の資産の部にある商品、または製品、材料、仕掛品(しかかりひん)の金額となる。


■棚卸資産回転率は高いほうがよい?

 棚卸資産回転率が低いと…。
       ↓
 仕入れた商品が売れていない。
       ↓
 在庫が増えてしまう。

 
 棚卸資産回転率があまりにも高いと…。
       ↓
 在庫が常に少ない状態。
       ↓
 商売のチャンスを逃している可能性がある。

 ※棚卸資産回転率は高ければ高いほどよいというものではない。 

棚卸資産回転率が低いということは仕入れた商品が売れていないので大きな問題だが、適度な在庫は必要!(商売のチャンスを逃さないため。)また、業界、業種によって棚卸資産回転率の割合はちがう。たとえば、肉、魚、野菜などの生ものは早く売らなければならないので回転率が高くなるが、家具や電化製品は在庫としておいておけるので回転率は低くなる。


■まとめ

 
※棚卸資産回転率とは会社が仕入れた商品がきちんと売れているかどうか知るためのもの。 

※棚卸資産回転率は高ければ高いほどよいというものではない。

※業界、業種によって棚卸資産回転率の割合はちがう。
 
コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

売上債権回転率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

売上債権回転率とは会社の売上代金がしっかり回収できているか知るためのもの。売上債権回転率を求めることで、会社が売掛金や受取手形といった債権をきちんと回収できているか知ることができる。


■そもそも売上債権って…?

 たとえば、チーズ屋さんが酪農家から仕入れた牛乳でチーズを作ってデパートやスーパーに販売していたとします。デパートやスーパーから売上代金を受け取ることで酪農家から次の牛乳の仕入れができます。ところがデパートやスーパーから直接現金で代金を受け取ることはありません。ツケにしたり手形を受け取ったりしています。このように現金はもらっていないけど、売上代金を受け取る権利があることを売上債権があるという。

ちなみに貸借対照表で、商品をツケで売ってまだ回収していない代金を売掛金代金の代わりに受け取る手形は受取手形という。


売上債権回転率を求めるには?

 売上債権回転率は以下の式で求めることができる。↓

売上債権回転率=売上高÷売上債権

 売上債権は貸借対照表、資産の部の受取手形と売掛金をたした金額。売上債権回転率は高ければ高いほどよい。また、会社の過去の業績や、他社と比べて使う。


■もし売上債権回転率が低いと…。

 売上債権回転率が低いということは代金が回収できていないということ。次の仕入れができなかったり、取引先がツケを支払わずに倒産してしまったら、代金を回収できずに一緒に倒産してしまう可能性がある。


■まとめ

 ※売上債権回転率とは会社の売上代金がしっかり回収できているか知るためのもの。

 ※売上債権回転率は高ければ高いほどよい。また、会社の過去の業績や、他社の業績と比べて使う。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

総資本回転率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

総資本回転率とは会社が資産を有効に使うことができているか知るためのもの。総資本回転率を求めることで、会社が1年間に何倍の売り上げを上げることができたのか知ることができる。


総資本回転率を求めるには?

 総資本回転率は以下の式で求めることができる。↓

総資本回転率=売上高÷総資本

 総資本とは貸借対照表の負債・純資産合計の金額(総資産)
 総資本回転率は高ければ高いほど資産を有効に使っていることになる!


■具体的に考えてみると…。

 例えばチェーン店舗のまったく同じ設備、まったく同じ広さ、まったく同じメニューのケーキ屋さんが2店舗あったとします。それぞれ総資本は同じ3000万円ですがAのケーキ屋さんの売上高が6000万円、Bのケーキ屋さんの売上高が1500万円だとすると、それぞれの総資本回転率は

 Aのケーキ屋さん 6000÷3000=2.0回転
 Bのケーキ屋さん 1500÷3000=0.5回転   となります。

この場合、Aのケーキ屋さんのほうがBのケーキ屋さんより総資本(資産)を有効に使っていることになります。


■まとめ

※総資本回転率とは会社が資産を有効に使うことができているか知るためのもの。 

※総資本回転率は高ければ高いほど資産を有効に使っていることになる。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

売上高営業利益率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

売上高営業利益率とは売上高のうち本業での利益である営業利益がどのくらいの割合かをあらわすもの。売上高営業利益率を求めることで会社が本業でどのくらい儲けたかを知ることができる。


売上高営業利益率を求めるには?

売上高営業利益率は以下の式で求めることができる。↓

売上高営業利益率=(営業利益÷売上高)×100

( )内の計算を先にする。
売上高営業利益率は高いほどよいが業界によって大きく変わる。比較する場合は同業他社と比較する。業界平均を上回っていればひとまず安心。


■売上高営業利益率と売上高経常利益率の違いって…?

 売上高経常利益率は営業外収益(受取利息や受取配当金、為替差益など)と営業外費用(支払利息や為替差損)が含まれるが、売上高営業利益率には含まれないので、本業による利益を知るという意味では売上高経常利益率以上に大切な指標になる。

売上高経常利益率と同じく、株式投資する会社の売上に対する利益の割合を知ることが重要となる。


■まとめ

※売上高営業利益率とは売上高のうち本業での利益である営業利益がどのくらいの割合かをあらわすもの。

※投資する会社の売上に対する利益の割合を知ることが重要。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


計算式と説明

売上高経常利益率とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

売上高経常利益率とは売上高のうち、経常利益がどのくらいの割合かあらわすもの。簡単にいうと、会社の売り上げに対して、一体いくらの利益が上がっているかあらわすもの。売上高経常利益率を求めることで会社の売上に対する利益の割合を知ることができる。


売上高経常利益率を求めるには?

売上高経常利益率は以下の式で求められる。↓

売上高経常利益率=(経常利益÷売上高)×100

( )内の計算を先にする。

売上高経常利益率は高いほどよいが業界によって大きく変わる。比較する場合は同業他社と比較する。業界平均を上回っていればひとまず安心。

いくら売上(収益)が高くても利益が出なければ会社は儲からない。株式投資する会社の売上に対する利益の割合を知ることが重要となる。


■まとめ

※売上高経常利益率とは会社の売り上げに対して、一体いくらの利益が上がっているかあらわすもの。

※投資する会社の売上に対する利益の割合を知ることが重要。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。