株式投資で失敗しないためのブログ > GDP速報値について

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDP速報値について

平成22年10~12月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年2月14日に内閣府より発表された平成22年10~12月期GDP速報についての記事です。

前回発表された7~9月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.9%と平成21年10~12月期の速報値から4四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年7~9月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された10~12月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比-0.3%、年率換算で-1.1%と平成21年10~12月期の速報値から5四半期ぶりのマイナス成長となりました。
[内閣府 平成22年10~12月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が前期比-0.3%、年率換算で-1.1%5四半期ぶりにマイナス成長だったこと。

②GDPの内外需別の寄与度が内需が-0.2%、外需が-0.1%とどちらもマイナスに寄与していること。

③民間需要の項目で民間住宅が前期比+3.0%、民間企業設備が+0.9%に対し民間最終消費支出(個人消費)が-0.7%だったこと。


●エコの影響?

今回の結果はやはりエコカー補助の終了やエコポイントの減額などが影響しているのでしょうか、5四半期ぶりのマイナス成長ということであまり良くない内容だったと思います。

③にも書きましたが民間需要の項目で個人消費だけがマイナスだったこともエコカー補助の終了やエコポイントの減額の影響が出ているという裏づけにもなると思います。

内需がダメでも外需があるから大丈夫と考えたいところですが今回、外需も-0.1%とGDPにマイナスに寄与している状態。輸出より輸入のほうが多かったということであまり不安視する必要もないと思うのですが前回の1次速報で前期比0.0%、今回-0.1%と、どことなく伸び悩んでいるような印象を受けます。

今回は少し残念な結果になってしまったGDP。日経平均が順調に上昇していることを考えるとあまり影響はなかったと思いますが今後も横ばい、もしくはマイナス成長が続くようであれば注意が必要だと思います。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。
平成22年1~3月期GDP速報について。
平成22年4~6月期GDP速報について。
平成22年7~9月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

GDP速報値について

平成22年7~9月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年11月15日に内閣府より発表された平成22年7~9月期GDP速報についての記事です。

前回発表された4~6月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.1%、年率換算で+0.4%と昨年10~12月期の速報値から3四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年4~6月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された7~9月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.9%と昨年10~12月期の速報値から4四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年7~9月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.9%と前回の速報値より改善されていること。

②GDPの内外需別の寄与度で外需の寄与度が0.0%内需の寄与度が+0.9%だったこと。

③今回の統計の期間が7~9月ということでエコカー補助金の終了、エコポイントの減少の影響がないこと。


●やっぱり先が気になる。

今回の結果は③に書いたように統計の期間が7~9月でエコカー補助金の終了や12月から今までのほぼ半分になってしまうエコポイントの影響がない結果でしたが、実質GDPの成長率が4~6月期の速報値を上回っていたこともあって、ひとまず安心できる内容だったと思います。

1つ気になるのは今回の結果で外需の寄与度が0.0%だったことでしょうか。簡単に考えると輸出と輸入の割合が同じだったということになるのですが、今後、実質DGPが上昇していくには内需ばかりに頼るのは限界があると思いますし、為替相場の影響もあると思いますが外需の寄与度がプラスを維持するような状態が続くのが理想だと思います。

株式市場では今回の結果も材料視されたようで日経平均株価は大きく反発して11月19日の終値では10022円39銭と6月22日以来の1万円台を回復しました。

エコカー補助金はすでに終了しましたが、これから先、政府が実施した景気刺激策の結果がいろいろな経済指標で出てくると思います。需要を先食いしてしまって日本の景気はますます厳しくなっていくのでは?と思う部分もありますが景気刺激策が成功だったと思えるような経済状態に早くなってほしいものです。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。
平成22年1~3月期GDP速報について。
平成22年4~6月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



GDP速報値について

平成22年4~6月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年8月16日に内閣府より発表された平成22年4~6月期GDP速報についての記事です。

前回発表された1~3月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.2%年率換算で+4.9%と昨年10~12月期の速報値から4四半期連続2四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年1~3月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]
※平成21年7~9月期のGDPがマイナスに改訂されたため4四半期連続ではなく2四半期連続となりました。

今回発表された4~6月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.1%、年率換算で+0.4%と昨年10~12月期の速報値から3四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年4~6月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が+0.1%とわずかではあるが3四半期連続で上昇していること。

②実質GDPの成長率が年率換算で+0.4%と前回発表された+4.9%より上昇幅が大きく下がったこと。

③①、②の内容から景気回復のスピードは鈍化していると考えられること。


●重すぎる腰

今回の結果は実質GDPでなんとかプラス成長を維持したものの今後に不安を感じる内容だったと思います。年率換算でも+0.4%と③にも書いたように景気回復のスピードが急激に鈍化していると言わざるを得ない結果で、現時点では次回発表される7~9月期のGDPもあまり期待できない状況だと思います。

政府は日銀と来週にも会合を開くとのことですが、今回の結果の原因とも考えられる円高に対して日銀が為替介入するのか、動向に注目したいところです。

外需依存の大きい日本にとって円高は大きな痛手。最近1ドル=85円が当たり前のようになってしまったドル/円相場ですが日銀が為替介入するとしても永続的に介入できるわけではなくあくまで一時的なもの。

個人的には、仮に日銀が為替介入したとしても欧州や米国の景気が回復しないと再び円高になってしまうのでは?と考えています。そうなると為替介入の意味もなくなってしまうのですが、かと言って何もせずに現状のまま放置されてしまうとさらに円高が進む可能性もありますし。となると外需がダメなら内需となりますが、すでに先の需要を取り込んでしまっているエコカー補助金やエコポイントを延長したとして今後どれぐらい需要があるのかも正直疑問です。

判断の難しいところではありますが、やはり結果として外需では一時的でも日銀が為替介入して円高にストップをかける。内需ではエコカー補助金、エコポイントを延長して内需をさらに掘り起こすというのが現時点ではベストな方法なのでは?と考えています。(国として考えた場合、予算が赤字な上に借金が多く、さらにお金を使うわけですから必ずしもいいとは言い切れない部分もあります。)

6月の日銀短観で大企業製造業の想定為替レートが1ドル=90円ということを日銀は把握していたはず。日銀が今回の結果で重すぎると言っても過言ではない腰を上げるのかどうか。動向次第で今後の株式市場、為替市場はもとより国内景気にも影響がありそうです。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。
平成22年1~3月期GDP速報について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


GDP速報値について

平成22年1~3月期GDP速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年5月20日に内閣府より発表された平成22年1~3月期GDP速報についての記事です。

前回発表された10~12月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.1%年率換算で+4.6%と4~6月期の速報値から3四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成21年10~12月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された1~3月期のGDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.2%年率換算で+4.9%と4~6月期の速報値から4四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成22年1~3月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が4四半期連続で上昇していること。

②2009年度のGDP成長率が2008年度の-3.7%から-1.9%減少幅が小さくなっていること。

③内外需別寄与度の推移(実質)をみると2008年度は外需寄与度が-1.2%とマイナスに寄与していたのに対して2009年度は+0.4%とプラスに寄与していたこと。(内需寄与度は2008年度は-2.5%、2009年度は-2.4%


●やっぱり外需。

今回の内容は実質GDPの成長率が4四半期連続の上昇、2009年度のGDP成長率が2008年度と比較してマイナス幅が約半分になっているなど、景気が回復している(経済がプラス成長している)のを強く感じさせる内容だったと思います。

仮に今回発表された年率換算の+4.9%で経済がプラス成長していった場合、2009年度の-1.9%から一転、3.0%のプラス成長になるので参照年とされている2000年よりも経済が拡大しているということになります。

ただ、経済がプラス成長している背景には③からもわかるように外需が好調だからだと考えられます。欧州の財政不安朝鮮半島の緊張状態、中国人民元の切り上げなど問題はいろいろありますが、今後一年間GDPがプラス成長を続けるには内需の改善と外需の拡大が重要なポイントになると思います。

株式相場は特に欧州の財政問題による影響で株価が乱高下する日が続いていますが問題が早く解決されずに長期化してしまうと株価だけでなく国内の景気にも影響が出てくるように思います。

欧州の財政問題、早く解決してほしいところです。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。
平成21年10~12月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


GDP速報値について

平成21年10~12月期GDP速報について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2010年2月15日に内閣府より発表された平成21年10~12月期GDP速報についての記事です。

前回発表された7~9月期GDP速報値は実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.2%、年率換算で+4.8%と、4~6月期の速報値から2四半期連続のプラス成長でした。
[内閣府 平成21 年7~9月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された10~12月期GDP速報値では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.1%、年率換算で+4.6%と4~6月期の速報値から3四半期連続のプラス成長となりました。
[内閣府 平成21 年10~12月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①今回発表された10~12月GDP速報値で実質GDP成長率が3四半期連続でプラス成長と堅調に推移していること。

②実質GDPの内需寄与度が4~6月期は-0.5、7~9月期は-0.3だったのに対して10~12月期は+0.6とプラスに寄与したこと。

③国内需要(内需)の項目に含まれている民間需要の中で住宅需要を表している民間住宅が7~9月期-7.8%だったのが10~12月期は-3.4%(4.4%の改善)、設備投資を表している民間設備が7~9月期-2.5%だったのが10~12月期+1.0%(3.5%の改善)改善幅が大きかったこと。


●まとめ

今回の10~12月期のGDP速報値の内容は前回以上に景気回復を裏付ける内容だったと思います。政府の補助はあるものの民間需要は堅調に推移していますし、住宅、設備投資の指標にも大きな改善がみられました。

国内の需要(景気)が回復してくると意識するのが出口戦略だと思います。昨日2月19日の日経平均はアメリカFRBが公定歩合の引き上げを発表したのを警戒して大きく下落しました。

ニューヨークダウ工業株30種平均は公定歩合引き上げの発表はあったものの最近の経済指標を好感して小幅高で取引を終了したようです。アメリカではすでに始まっている出口戦略。今後、日本でも本格化する出口戦略は内容次第で株価を大きく下げることも考えられるので注意したいところです。


■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。
平成21年7~9月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ




GDP速報値について

平成21年7~9月期GDP速報について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2009年11月16日に内閣府より発表された平成21年7~9月期GDP速報についての記事です。

前回発表された内容を振り返りますと4~6月期GDP速報では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.7%と5四半期ぶりのプラスでした。
[内閣府 平成21 年4~6 月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

今回発表された7~9月期GDP速報では実質GDP(季節調整済み)の成長率が前期比+1.2%、年率換算で+4.8%と、2四半期連続のプラス成長でした。
[内閣府 平成21 年7~9月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]


●今回の結果からわかったこと

①実質GDPの成長率が1.2%上昇したがその寄与度(どの需要がどれだけGDPを増加させたか)を見ると国内需要(内需)が0.8%、財貨・サービスの純輸出(輸出-輸入)が0.4%で内需の寄与度が大きかったということ。

②前回4~6月期の国内需要の寄与度は-0.8だったのに対し今回は+0.8とプラスに転じたこと。

③国内需要の内訳を見ると、民間需要の民間最終消費支出(家計からの支出 。消費のこと)が前回は1.0%だったのに対し今回は0.7%とプラスを維持しつつも少し下落したこと。

④民間需要の民間企業設備(民間企業の設備投資)が前回4~6月期の-4.2%から+1.6%とプラスに転じていること。

⑤公的需要の公的固定資本形成(政府が行っている公共投資や公共事業)は前回+7.7%だったのが-1.2%と下落に転じたこと。


あくまで今回の速報値での判断になるのですが、今回の結果は外需よりも内需のほうが寄与度が高かったことを考えると、政府が行っているエコポイント制度やエコカー制度などの経済政策の重要度は思っていたよりも高く、今後継続するか否か、または継続した場合の期間で民間最終消費支出や、民間企業設備に大きな影響があり、しいては株価にも影響があると考えています。

やはり国内需要が拡大して景気が回復していくには新政権がどれだけ早く確実に有効な政策を実行できるかがポイントだと思います。



■関連記事

GDP統計とは?
平成21年4~6月期GDP速報について。


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ



   

GDP速報値について

平成21年4~6月期GDP速報について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんばんは。最近天気が良く気温も少し下がったせいか気力十分なニコそらです。


昨日は内閣府から平成21年4~6月期のGDP速報値が発表になりました。

内容は実質GDPの成長率が前期比+0.9%、年率換算で+3.7%と5四半期ぶりのプラスとなりました。
[内閣府 平成21 年4~6 月期四半期別GDP速報(1次速報値)より]

5四半期ぶりのプラスとうれしい結果のようにも思えますが、あくまで前期比、1~3月期と比べての結果なのでまだ本格的な景気回復とは言えない内容でした。

ちなみに年率換算の+3.7%は今回の4~6月期のGDP成長率が1年間続いた場合の成長率となります。



今回のGDP速報値では前期比に対してプラスだったのともうひとつ分かったことがありました。

それは日本の外需依存があらためて浮き彫りとなったことです。簡単に言うと今の日本経済は日本国内の儲けよりもアメリカやヨーロッパ、アジアなど外国の儲けに大きく影響されるということになります。

今回のGDP速報値ではプラスに転じたことよりもむしろこちらのほうが市場に大きく影響したようで、昨日の日経平均はアメリカの経済指標の悪化などもあって300円以上の下落となりました。

今の日本経済を見る視点は人それぞれあると思いますが、ニコそらは

今回の発表で日本経済は外需依存
          ↓
外需依存なのにアメリカの経済指標が悪化。円高が進む。輸出した日本製品が売れない。売れても利益が出ない。
          ↓
外需依存の日本は企業の業績が振るわず景気回復が遅れるのでは?

と考えています。



今はまだ国内ではエコカー優遇税制やエコポイントなどの国の支援、景気対策が続いていますが、それらが終わったときにはたして日本の景気はどうなるのかを考えなくてはならない時期が来たのだと思います。アメリカの景気次第では日経平均も二番底が来るかもしれないですね。

明るい兆しは見えつつも今の現実はまだまだ厳しいと思ったニコそらです。



■関連記事

GDP統計とは?


コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ



          

お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。