株式投資で失敗しないためのブログ > 損益計算書について

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損益計算書について

ファンダメンタルズ分析とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

ファンダメンタルズ分析とは企業の決算書や業界の動向などから株の価値を見極める方法。企業の業績、財務などにスポットをあてた分析方法。


ファンダメンタルズ分析でわかることは?

 ファンダメンタルズ分析の場合、企業の決算書を用いるのが一般的でそれにより企業の安全性、将来性、財務の健全性などがわかる。その他、配当金、社長の名前、役員の構成、グループ会社や大株主の状況などがわかる。


■決算書のほかに大切なものは?

 企業のホームページの製品情報や企業の活動内容、社長のコメントや経営方針などのIR情報。テレビや新聞などの情報など。あらゆるメディア、情報で企業を知ることが大事。


■まとめ 

 ※ファンダメンタルズ分析とは企業の決算書や業界の動向などから株の価値を見極める方法。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


スポンサーサイト

損益計算書について

当期純利益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

当期純利益とは会社のすべての費用や収益、利益や損失を考慮し、さらに税金を引かれて残った最終的な利益。

損益計算書のなかの5つの利益の中でも特に重要度が高い。


当期純利益を求めるには?

 当期純利益は以下の式により求められる。

税引前当期純利益-法人税、住民税及び事業税+法人税等調整額=当期純利益
 
 法人税等調整額がマイナスだった場合は税引き前当期純利益から引くことになる。


■まとめ

 当期純利益とは会社のすべての費用や収益、利益や損失を考慮し、さらに税金を引かれて残った最終的な利益! 

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

法人税等調整額とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

法人税等調整額とは税法上の所得と会計上の利益の差を調整するもの


法人税等調整額って??

 税金を取る側としては、会社がなんでもかんでも費用としてしまうと、本来支払ってもらうべき税金が取れない。このため交際費や引当金など損益計算書では費用とされていても、税務上は費用として認めないものもある。

 法人税等調整額は同額が税金の前払い額として貸借対照表の資産の部に繰延税金資産として計上される。

 このように会計と税務の調整を行うことを税効果会計という。(税引前当期純利益と当期純利益の金額の割合が大きくブレるのを防ぎ、会社の毎年の業績を比較しやすくしている。)


■まとめ

 ※法人税等調整額とは税法上の所得と会計上の利益の差を調整するもの!

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

税引前当期純利益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

税引前当期純利益とは税金を引く前の利益のこと。特別利益と特別損失を考慮した利益。


税引前当期純利益の求め方

 経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益  となる。


■まとめ

 ※税引前当期純利益とは税金を引く前の利益のこと

 ※経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

特別損益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

特別損益とは例外的なことや臨時、特殊な事柄が原因で発生した損益のこと。

会社が所有していた固定資産(土地、建物など)を売却したときの損益や、株などの有価証券を売却したときの損益、災害やリストラなどの損益が計上される。


■おもな特別損益

 固定資産売却損…固定資産を売却して発生した損失
 固定資産除去損…固定資産を廃棄して発生した損失
 投資有価証券売却損…長期間保有するために持っていた有価証券を売却して発生した損失
 災害損失…火災、地震、台風などの災害により発生した損失
 損害賠償損失…損害賠償金を支払ったことによる損失
 前期損失修正損…過去の決算の間違いで費用の額が少なく計上されていたときに、当期で計上するもの


■費用という言葉を使わない理由は?

 費用というのは収益を得るためにかかったお金のこと。したがって火災などで発生したお金は収益とは関係ないので費用とはいわずに損失という。

 ただし、損益計算書上では特別損失は費用に分類される。


■まとめ

 ※特別損益とは例外的なことや臨時、特殊な事柄が原因で発生した損益のこと!

 ※損益計算書上では特別損失は費用に分類される。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

特別利益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

特別利益とは例外的なことや臨時、特殊な事柄が原因で発生した利益のこと。

会社が所有していた固定資産(土地、建物など)を売却したときの利益や、株などの有価証券を売却したときの利益が経常される。


■おもな特別利益

 固定資産売却益…固定資産を売却して得た利益
 投資有価証券売却益…長期間所有するために持っていた有価証券を売却して得た利益
 前期損益修正益…過去の決算の間違いで利益が少なく計上されていたとき、当期で利益を計上するもの


■収益という言葉を使わない理由は?

 なぜ特別収益ではなく特別利益なのかというと、収益を得るには必ず費用があるが固定資産を売ったことで得たお金にはそれに対する費用がないから。

 ただし、損益計算書上では特別利益は収益に分類される。


■まとめ

 ※特別利益とは例外的なことや臨時、特殊な事柄が原因で発生した利益のこと!

 ※損益計算書上では特別利益は収益に分類される。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

経常利益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

経常利益とは本業での利益やそれ以外での損益をひっくるめた、会社が通常の活動でどれくらいもうけたかを表す重要な数字。


経常利益を求めるには?

 経常利益は次のように求めることができる。

 営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益


経常利益からわかること

 例えばいくら本業が好調で利益をたくさん上げていても銀行からの借入金が多ければ支払利息で経常利益は少なくなってしまうし、海外の会社と取引がある会社は為替変動で為替差損が発生しやすいなど、営業利益(本業の儲け)だけではわからない会社の財務的な部分まで知ることができる。


■まとめ

 経常利益とは会社が通常の活動でどれくらいもうけたかを表す重要な数字!

 営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

営業外費用とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

営業外費用とは本業以外のところで発生した費用のこと。

会社が銀行から借りていたお金の利息や、他社の株を売却したときの売却損などが営業外費用となる。


■おもな営業外費用

 支払利息…借入金などの利息
 有価証券売却損…株式などを売って発生した損失
 為替差損…外貨の資産、負債を円に換算したときに為替相場の変動によって発生する損失


■円高になると為替差損が増える?

 円高になると円に換算したときの外貨の資産の価値は下がるため為替差損が増える。
 例えば1ドル=100円のときに1000万円の資産(株や不動産など)を購入した後、1ドル=90円になったとすると資産の価値は900万円になってしまう。そのときの損失分100万円が為替差損となる。逆に1ドル=130円になると資産の価値は1300万円になり300万円が営業外収益となる。


■まとめ

 営業外費用とは本業以外のところで発生した費用のこと!

 円高になると円に換算したときの外貨の資産の価値は下がるため為替差損が増える。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

営業外収益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

営業外収益とは会社が本業以外の直接関係のない活動で得た儲けのこと。

会社が銀行に預けておいたお金についた利息や、他社の株を購入して売却したときの売却益などが営業外収益となる。


■おもな営業外収益

 受取利息…預金や貸付金から生じた利息
 受取配当金…所有している株の配当金
 有価証券売却益…株式などを売って得られる利益
 為替差益…外貨の資産、負債を円に換算したときに為替相場の変動によって発生する利益


■本業と本業以外を分ける理由は?

 営業利益も営業外収益も会社にとっては儲けとなるが、本業で儲かっていないと将来的に安定した利益があげられるとは考えられないから。


■まとめ

 営業外収益とは会社が本業以外の直接関係のない活動で得た儲けのこと!

 会社にとっての利益は本業の利益である営業利益が第一で、営業外収益は第二となる。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


損益計算書について

営業利益とは?『株式投資で失敗しないためのブログ』

営業利益とは会社の業績を見る上でとても重要な数字の1つ。

営業利益を見ることで会社の本当の実力がわかる。


営業利益でわかる会社の本当の実力

 損益計算書で一番初めの利益である売上総利益では商品を仕入れて売った利益がわかるが、いくら売上総利益が高くても販売費及び一般管理費(人件費や水道光熱費、家賃などの経費)が高ければ会社は儲からない。

 例えば洋服屋さんが洋服を仕入れて売った一年間の儲けが300万円だとします。そこから人件費や
水道光熱費、家賃などの経費を引いて営業利益が-100万円だったとすると、洋服屋さんは儲かってないということになりますよね。

 逆に売上総利益から経費を引いて+100万円だったら会社は儲かっているわけです。


営業利益の求め方

 売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益  となる。


■まとめ

※営業利益を見ることで会社の本当の実力がわかる!

※売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
      ポチッ!!としていただけると励みになります↓
                             にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ


お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。