スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

福島県いわき市の情報一覧

東北地方太平洋沖地震によって被災した出身地であり実家のある福島県いわき市の情報、リンクをまとめてみました。もし必要な方がおられましたらご活用ください。


■いわき市役所ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/index.html

■ラジオ FMいわきのホームページ インターネットでも聴くことができます。
http://www.fm-iwaki.co.jp/cgi-bin/WebObjects/1201dac04a1.woa/wa/read/1201dac04a4/

■いわき市内の環境放射能測定値 1時間ごとに測定値が更新されます。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/topics/010284.html

■福島県警警察本部 東北地方太平洋沖地震関連 いわき市内の行方不明者、死者、遺体安置所などの情報
http://www.police.pref.fukushima.jp/shinsai/index.html

■いわき市水道局ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/suido/index.html

■いわき市の道路状況 磐城国道事務所
http://www.thr.mlit.go.jp/iwaki/ 

■いわき市の高速道路状況 NEXCO東日本
http://www.e-nexco.co.jp/

■いわき市内のバス運行状況 新常磐交通ホームページ
http://www.joko.co.jp/server/

■JR常磐線の運行状況 JR東日本 東北エリア
http://traininfo.jreast.co.jp/train_info/tohoku.aspx

■いわき市義援金受付窓口
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/topics/010351.html

■その他いわき市に関するニュース
YAHOO! JAPAN ニュース
http://news.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E5%B8%82&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

Googleニュース
http://news.google.co.jp/news/search?pz=1&cf=all&ned=jp&hl=ja&q=%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E5%B8%82

日本郵便 郵便物・ゆうパック等の送達状況
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2011/oshirase2.html

ヤマト運輸 「宅急便」のサービス取り扱い状況について
http://www.yamato-hd.co.jp/information/info/notice_1103_01.html


■東北地方太平洋沖地震に関するホームページ

YAHOO! JAPAN
http://emergency.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq.html

Google
http://goo.gl/saigai


「東北関東大震災」支援クリック募金


スポンサーサイト

その他

株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ

株式投資で失敗しないためのブログへようこそ!

このブログは管理人ニコそらが株式投資で失敗しないように日々勉強したことを記事にしています。多少わかりずらい部分もあるかと思いますが、毎日の投資生活の中で役立てて頂ければと思います。
記事の内容は予告なしに変更、訂正する場合があります。あらかじめご了承ください。

損益計算書について
ファンダメンタルズ分析とは?
決算書とは?
損益計算書とは?
売上高とは?
売上原価とは?
売上総利益とは?
販売費及び一般管理費とは?
営業利益とは?
営業外収益とは?
営業外費用とは?
経常利益とは?
特別利益とは?
特別損益とは?
税引前当期純利益とは?
法人税等調整額とは?
当期純利益とは?
貸借対照表について
貸借対照表とは?
資産とは?
負債とは?
流動資産とは?
引当金とは?
繰延資産とは?
固定資産とは?
流動負債とは?
固定負債とは?
純資産とは?
キャッシュフロー計算書について
キャッシュフロー計算書とは?
営業キャッシュフローとは?
投資キャッシュフローとは?
財務キャッシュフローとは?
計算式と説明
PBRとは?
PERとは?
ROAとは?
ROEとは?
売上高経常利益率とは?
売上高営業利益率とは?
総資本回転率とは?
売上債権回転率とは?
棚卸資産回転率とは?
自己資本比率とは?
流動比率とは?
固定比率とは?
固定長期適合率とは?
EPSとは?
BPSとは?
テクニカル分析について
テクニカル分析とは?
ローソク足とは?
トレンドラインとは?
移動平均線とは?
ゴールデンクロスとは?
デットクロスとは?
出来高とは?
経済指標について
GDP統計とは?
日銀短観とは?
機械受注統計とは?
鉱工業指数とは?
景気動向指数とは?

探している記事がなかった場合はこちらから検索どうぞ。株式投資や経済指標などの記事が見つかりやすいようにカスタマイズされています。
            
管理人ニコそらの株式投資日記はこちら↓
 
株式投資日記へ
 

株式投資日記

命とお金

こんばんは。ご無沙汰しています。ニコそらです。


久しぶりの更新になります。更新を待っていた方にはご迷惑をおかけしました。本当にすいません。



今こうして記事を書いていますが正直気分がのってこないというかなんというか………。以前はもっと違っていたのに。



少し前にとても悲しい出来事がありました。


今でも思い出すと正直、辛くなってきます。

もうすでに1ヶ月以上過ぎたと思います。それでも時々思い出しては辛くなったり、悲しくなったり、涙がこぼれてきたりします。

こんなに悲しい思いをしたのは生まれて初めてです。


いままでお金はないよりもあったほうがいい。お金があればいろいろな問題を解決できる。お金があれば人より少しだけ幸せになれる。豊かになれる。どこかの本に書いてあったことを必死なって読み、学び、自分なりに消化、吸収して確信し、自分自身の軸、考えの柱にしてきました。だから生活は質素に、できるだけ節約して、残ったお金を投資に回す、リターンを再投資する。そういう生活をしてきました。


お金で救える命がこの世にはたくさんある。でも、いくら大金をつぎ込んだって救えない命がある。そのことを現実にしたとき、自分のなかで何かがぶっ壊れてしまいました。


お金は死んでもあの世に持っていけないもの。そんなことは大分前からすでに知っていました。それでも生きるためにはお金が必要で、ないよりはあったほうがいいというのも知っていました。経済的に自由になりたいとも…。

ただ、今思うのは経済的に自由になったとして、その喜びを分かち合える人がいなければなにも意味がないじゃないか。自由になって持て余すほどの時間を一緒に共有できる人がいなければ何も意味がないじゃないかと………。

そのときになれば仲間ができる。そんなふうには到底思えません。話が合えば仲間なのか……。仲間ってお互いが共有した時間。お互いの価値観、考えが共鳴した時間が長年積み重なって初めて仲間っていえるんじゃないか。

今はそう思えて仕方ありません。




このブログを辞めるつもりはありません。これからも続けていきます。ただ、今までどおりにはならないと思います。



人間らしく、日々の生活、営みに感謝し、喜びを感じながら文化的な生活がしたい。


今思うのはそれだけです。



景気動向指数について

景気動向指数平成23年1月、2月分速報値について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年4月6日に内閣府より発表された平成23年2月の景気動向指数速報値についての記事です。今回の記事は前回お休みした分を含めて1月、2月分ということにしたいと思います。

平成23年1月分の景気動向指数は前月比でCI先行指数が1.3ポイント上昇の101.5ポイント、CI一致指数が2.4ポイント上昇の105.9ポイント、CI遅行指数が0.3ポイント減少の88.7ポイントとなり、CI先行指数は3ヶ月連続の上昇、CI一致指数は3ヶ月連続の上昇、CI遅行指数は2ヶ月ぶりの減少となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、足踏みを示している。ただし、CI 一致指数の3ヶ月後方移動平均が2ヶ月連続で上昇するなど改善に向けた動きもみられる。」とし内容をわずかですが上方修正しました。

次に今回発表された2月分の景気動向指数の速報値は前月比でCI先行指数が2.7ポイント上昇の104.2ポイント、CI一致指数が0.4ポイント上昇の106.3ポイント、CI遅行指数が2.3ポイント上昇の91.0ポイントとなり、CI先行指数は4ヶ月連続の上昇、CI一致指数は4ヶ月連続の上昇、CI遅行指数は2ヶ月ぶりの上昇となりました。また、基調判断は「景気動向指数(CI一致指数)は、改善を示している。」とし内容を上方修正しました。
[内閣府 景気動向指数 平成23年1月分(改訂)、景気動向指数 平成23年2月分 速報資料と概要より]


●今回の結果からわかったこと

①すべての指数が上昇していたこと。

②基調判断が上方修正されたこと。

③2月の統計のため地震の影響は反映されていなこと。


●これからどう立ち向かうのか。

今回の結果も先日の日銀短観のときもそうでしたが地震の影響は反映されていないものなので、今までは良かったとしかいえない結果だと思います。特に今回の景気動向指数は2月分の統計なので完全に地震前のものとなっています。今後を考える上ではあまり参考にならないですね。

株式市場においてもやはり計画停電や、原発の問題、為替などに注目が集まっているせいか今回の景気動向指数は特に材料視されなかったようです。

明日で東日本大震災からちょうど1ヶ月。最近では「がんばろう~~」といったスローガンで被災地を応援する動きもいろいろなところで見られるようになり、芸能人などの訪問で避難所に笑顔が増えてきた印象を受けます。

実家のある福島県いわき市小名浜では昨日9日に気象観測所にあるさくらが開花したとのことで春の訪れを嬉しく思う反面、いまだに収束しない原発の問題、農産物の風評被害、漁業の問題など考えただけで悲しくなってしまう問題もあったり、正直複雑な心境です。他の被災地においてもそうなのですが、これらの問題は国全体で立ち向かっていかなければならない問題だと思います。

これから先どうなるのか、気になることは多いのですが未来を信じてふるさとが一日でも早く復興するように自分ができることを精一杯やっていこうと思います。


■関連記事

景気動向指数とは?
景気動向指数平成21年4月分速報値について。
景気動向指数平成21年6月分速報値について。
景気動向指数平成21年7月分速報値について。
景気動向指数平成21年8月分速報値について。
景気動向指数平成21年9月分速報値について。
景気動向指数平成21年10月分速報値について。
景気動向指数平成21年11月、12月分速報値について。
景気動向指数平成22年1月分速報値について。
景気動向指数平成22年2月分速報値について。
景気動向指数平成22年3月分速報値について。
景気動向指数平成22年4月分速報値について。
景気動向指数平成22年5月分速報値について。
景気動向指数平成22年6月分速報値について。
景気動向指数平成22年7月分速報値について。
景気動向指数平成22年8月分速報値について。
景気動向指数平成22年9月分速報値について。
景気動向指数平成22年10月分速報値について。
景気動向指数平成22年11月分速報値について。
景気動向指数平成22年12月分速報値について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



日銀短観について

平成23年3月の日銀短観について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

平成23年4月4日に日本銀行より発表された3月の日銀短観(東北地方太平洋沖地震の発生前後における業況判断)についての記事です。

前回発表された12月の日銀短観では大企業製造業の業況判断DIはプラス5となり前回9月の調査から3ポイントの減少となりました。また、2010年度の大企業製造業の事業計画の前提となっている想定為替レート(ドル/円)は86円47銭となり9月の調査時より3円19銭円高に想定している結果となりました。
[日本銀行 第147回 全国企業短期経済観測調査より]

今回発表された3月の日銀短観では大企業製造業の業況判断DIは地震発生前はプラス7、地震発生後はプラス6となり前回12月の調査から地震前は2ポイント、地震発生後は1ポイントの改善となりました。また、2010年度の大企業製造業の事業計画の前提となっている想定為替レート(ドル/円)は86円01銭となり12月の調査時より46銭円高に想定している結果となりました。また、2011年度の想定為替レート(ドル/円)は84円20銭となり2010年度より1円81銭円高に想定している結果となりました。
[日本銀行 第148回 全国企業短期経済観測調査より]

大企業製造業の事業計画の前提となっている想定為替レート(ドル/円)は地震発生前のデータのみとなっています。


●今回の結果から分わかったこと

①大企業製造業の業況判断DIは地震発生前はプラス7、地震発生後はプラス6となりどちらも前回12月の調査から改善されていること。

②2011年度の大企業製造業の想定為替レート(ドル/円)が84円20銭と2010年度よりも円高に想定されていること。

今回の調査は地震発生前後で有効回答社数に差があるため地震の影響がすべて反映されていないこと。(全国企業の地震発生前の有効回答社数が7998社、地震発生後の有効回答社数が2618社)


●まだわからないけど…。

今回の結果は③に書いたように地震の影響がすべて反映されていないので一概に良い、悪いを判断できないのですが、想定為替レートが84円20銭と現在のレート(4月7日現在85円30銭台)が想定為替レートよりも円安に推移しているのが唯一安心できる点かもしれません。

今月に入ってから工場が操業を再開したというニュースをよく見聞きするようになりましたが、今回の調査で大企業製造業の先行き(3ヶ月後までの変化)に対する業況判断は地震後の数値がマイナス2と最近(3ヶ月前から回答時点での変化)の数値プラス6から8ポイントの減少となっており厳しい状態がしばらく続きそうな気がします。

株式市場では今回の調査の結果は地震の影響が織り込まれていないとの見方が大半だったようで発表された4月4日の日経平均株価は前日比10円50銭高の9,718円89銭で取引を終了。やはり地震の影響がはっきりわからないと市場は反応しないようです。

これから日銀短観だけに限らずいろいろな経済指標で地震の影響が反映されたものが発表されると思いますが、日本経済がこれからどうなっていくのか注意深く見ていきたいと思います。


■関連記事

日銀短観とは?
平成21年6月の日銀短観発表。
平成21年9月の日銀短観について。
平成21年12月の日銀短観について。
平成22年3月の日銀短観について。
平成22年6月の日銀短観について。
平成22年9月の日銀短観について。
平成22年12月の日銀短観について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


鉱工業指数について

平成23年2月の鉱工業指数について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年3月30日に経済産業省より発表された平成23年2月の鉱工業指数についての記事です。

平成23年1月の鉱工業指数確報では前月比で生産指数が1.3%の上昇、出荷指数が0.6%の上昇、在庫指数が4.0%の上昇、在庫率指数は0.2%の低下となり、生産指数は3ヶ月連続の上昇、出荷指数が3ヶ月連続の上昇、在庫指数は2ヶ月連続の上昇、在庫率指数は2ヶ月ぶりの低下でした。
[経済産業省 鉱工業指数2011年1月分(確報)より]

平成23年2月の鉱工業指数速報値では前月比で生産指数が0.4%の上昇、出荷指数が1.7%の上昇、在庫指数が1.5%の上昇、在庫率指数は2.2%の低下となり、生産指数は4ヶ月連続の上昇、出荷指数が4ヶ月連続の上昇、在庫指数は3ヶ月連続の上昇、在庫率指数は2ヶ月連続の低下でした。また、基調判断は「生産は持ち直しの動きで推移しているものの、先行きについては、東北地方太平洋沖地震の影響に留意する必要がある。」としました。
[経済産業省 鉱工業指数2011年2月分速報値より]


●今回の結果からわかったこと。

①生産指数、出荷指数が4ヶ月連続で上昇していること。

②在庫率指数が2ヶ月連続で低下したこと。

③基調判断に「~先行きについては、東北地方太平洋沖地震の影響に留意する必要がある。」と記載されたこと。


●復旧、復興が第一

今回の結果は震災前、2月の統計ということで震災前は比較的堅調に推移していたとしかいえないものとなってしまいました。

被災地の復旧、復興が第一というのは当然なのですが、国難といわれている今日。被災しなかった個人、企業においても震災の影響は大きく今後指数にどのように反映されるのか注意が必要だと思います。

株式投資において個人的に今は買い時だと思っています。単純に安いからというわけではなく、国が大変なとき、企業が大変なときにそれを支えるのが投資家の役目だと思うからです。

当然のことですが通常、株を買ったとしても買い手から売り手に代金が流れるだけで企業が株を新規に発行した、または企業が保有していた株を売りに出した場合でなければ直接企業に購入代金が流れることはありません。

ただ、市場で取引されている株を購入して配当金を募金、寄付することは被災地にとってプラスになると思います
し、株価をある程度の水準に保つことによってハゲタカのような存在から企業を守ることにもつながると思います。

日本が終わったわけじゃない。必ず復興する。未来を信じて日本を応援し、企業を応援していこうと思います。


■関連記事

鉱工業指数とは?
平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。
平成21年7月の鉱工業指数速報値について。
平成21年8月の鉱工業指数速報値について。
平成21年9月の鉱工業指数速報値について。
平成21年10月の鉱工業指数速報値について。
平成21年11月、12月の鉱工業指数について。
平成22年1月の鉱工業指数について。
平成22年2月の鉱工業指数について。
平成22年3月の鉱工業指数について。
平成22年4月の鉱工業指数について。
平成22年5月の鉱工業指数について。
平成22年6月の鉱工業指数について。
平成22年7月の鉱工業指数について。
平成22年8月の鉱工業指数について。
平成22年9月の鉱工業指数について。
平成22年10月の鉱工業指数について。
平成22年11月の鉱工業指数について。
平成22年12月の鉱工業指数について。
平成23年1月の鉱工業指数について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



株式投資日記

株式投資2年2ヶ月の結果『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。ニコそらです。

東北地方太平洋沖地震が発生して2週間以上が過ぎ復興に向けた取り組みなどが少しずつ報道されるようになった反面、まだ十分に支援が行き渡っていない避難所があったりと全てが万全といった様子はなく、原発問題もいまだに収まる気配もなく…。一日でも早く事態が収束してほしいと思うばかりです。

株式投資を始めて2年2ヶ月。結果は保有株式の取得金額が522520円、時価評価額が549070円。評価損益が+26550円。評価損益率が+5.08%となりました。

今月は23日にドトール・日レスホールディングス[3087]の株を100株99400円(手数料込み)で買い増しました。結果として評価損益はマイナス幅を広げることとなったのですが、コーヒー豆に続き小麦粉も値上げされることで更に採算が悪化すること、採算が悪化することで経営が今以上に厳しくなることが予想され「頑張ってほしい」との思いで購入しました。

他にも買い増しや新しく購入しようかと考えた銘柄もあったのですが、これから被災した企業が株式市場で新たに資金調達を行うようになったときに株を買えるようしばらく投資資金を温存しておくことにしました。

先月比で時価評価額は+52120円、評価損益は-47280円、評価損益率は-12.37%でした。

保有している銘柄の詳細は、

①[7267]ホンダ
保有株数15株 取得金額32520円 時価評価額44670円 
評価損益+12150円(先月比-10980円

②[2792]ハニーズ
保有株数100株 取得金額58700円 時価評価額88300円
評価損益+29600円(先月比-15600円

③[3087]ドトール・日レスホールディングス
保有株数200株 取得金額214400円 時価評価額192000円
評価損益-22400円(先月比-21000円

④[2572]三国コカコーラ
保有株数300株 取得金額216900円 時価評価額224100円
評価損益+7200円(先月比+300円

となります。

どの銘柄も震災発生後大きく下落しました。④三国コカコーラは比較的被害が軽微だったようで一時は大きく下落したものの、値を戻しました。③ドトール・日レスホールディングスは株を買い増ししたもののその後も値を下げ、結果的に以前よりもマイナス幅が増えた状態です。

震災の影響でいまだ国内は混乱した状態。これからも個人投資家として、一個人としてできることを続けていこうと思います。


■関連記事

株式投資、半年の結果。
株式投資8ヶ月の結果。
株式投資9ヶ月の結果。
株式投資10ヶ月の結果。
株式投資11ヶ月の結果。
株式投資1年の結果。
株式投資1年1ヶ月の結果。
株式投資1年2ヶ月の結果。
株式投資1年3ヶ月の結果。
株式投資1年4ヶ月の結果。
株式投資1年5ヶ月の結果。
株式投資1年6ヶ月の結果。
株式投資1年7ヶ月の結果。
株式投資1年8ヶ月の結果。
株式投資1年9ヶ月の結果。
株式投資1年10ヶ月の結果。
株式投資1年11ヶ月の結果。
株式投資2年の結果。
株式投資2年1ヶ月の結果。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ


未分類

ブログ再開します。『株式投資で失敗しないためのブログ』

こんにちは。ニコそらです。

東北関東大震災が発生して11日となりましたがブログと株式投資を再開したいと思います。


被災したいわき市の実家では建物に大きな被害もなく、家族全員、親戚も含めて無事とのことでした。又、千葉に住む友人も無事で、友人の家族もいわき市から家族が友人宅へ自主非難して無事とのことでした。

依然として水道が断水、ガスの供給がストップ、ガソリン、物資等少ない状況のようですが家族など全員無事でほっとしています。

個人的には今後東北地方、いわき市、いわき市に住む家族も含めて寄付、募金、物資の提供などできる限り協力していこうと思います。株式投資も日本に投資する、企業に投資するという観点から今後もやっていこうと思います。


ブログへのコメント、置手紙へのことづてなどありがとうございました。

未分類

ブログお休みさせていただきます。

こんなときに不謹慎かもしれませんが、今回の東北地方太平洋沖地震で福島県いわき市にある実家が被災してしまい水道、ガスが断線している状態となってしまいました。

昨日から何度も携帯電話、自宅近くの公衆電話から連絡をとろうとしていたのですがなかなか繋がらず、今朝やっと電話が通じて、いわき市の家族、親戚、千葉に住む親友、親友の家族が怪我もなく無事だということが分かって少し安心しているのですが、テレビでも報道されているように東京電力福島第一、第二原子力発電所の事を考えると不安でたまりません。

実家は福島第一原子力発電所から南に50~60km離れた位置にあります。

爆発も建屋のもので原子炉によるものではなかったとのことですが頻繁に余震が続いています。

自分自身は無事で昨日の地震直後、会社のグランドに非難して、そのあと電車が止まっていたので徒歩で3時間近くかけて自宅に帰りました。


本来であれば経済指標についての記事などを更新したいところですが当面記事の更新をお休みさせていただきたいと思います。

本当にすいません。

鉱工業指数について

平成23年1月の鉱工業指数について。『株式投資で失敗しないためのブログ』

2011年2月28日に経済産業省より発表された平成23年1月の鉱工業指数についての記事です。

12月の鉱工業指数確報では前月比で生産指数が3.3%の上昇、出荷指数が1.2%の上昇、在庫指数が1.6%の上昇、在庫率指数は0.4%の上昇となり、生産指数は2ヶ月連続の上昇、出荷指数が2ヶ月連続の上昇、在庫指数は3ヶ月ぶりの上昇、在庫率指数は4ヶ月ぶりの上昇でした。
[経済産業省 鉱工業指数2010年12月分(確報)より]

平成23年1月の鉱工業指数速報値では前月比で生産指数が2.4%の上昇、出荷指数が1.1%の上昇、在庫指数が4.7%の上昇、在庫率指数は0.7%の上昇となり、生産指数は3ヶ月連続の上昇、出荷指数が3ヶ月連続の上昇、在庫指数は2ヶ月連続の上昇、在庫率指数は2ヶ月連続の上昇でした。また、基調判断は「生産は持ち直しの動きで推移」とし内容を上方修正しました。
[経済産業省 鉱工業指数2011年1月分速報値より]


●今回の結果からわかったこと

①生産指数、出荷指数が3ヶ月連続で上昇していること。

②在庫率指数が2ヶ月連続で上昇していること。

③基調判断が上方修正されたこと。


●原油が…。

今回の結果は在庫率の上昇が少し気になるところではありますが、生産指数、出荷指数が3ヶ月連続で上昇したこと、基調判断が上方修正されたことで前回よりも良い内容だったと思います。

今回の指数は速報値ではありますが生産指数、出荷指数が3ヶ月連続で上昇したということは昨年の11月から今年の1月まで国内での企業の生産、出荷が増え続けたということ。それだけ企業が潤った(景気が良かった)ということになります。

大企業の製造業のほとんどは海外に工場や拠点がありどのくらい国内での売り上げが会社の利益に影響するのかは定かではありませんが、3月の本決算は期待が持てそうです。

ただ、最近騒がれている中東情勢の悪化による原油高は気になるところです。日本は主にサウジアラビアやUAE、イランなどから原油を輸入しているそうですが、世界的に原油の供給量が減れば価格が上昇するのは必然。国内でもガソリンの値段が少しずつ上昇しているようですし、個人消費のみならず企業の懐具合にも少なからず影響がありそうです。

復調してきた国内の経済にじわじわ押し寄せる原油高。向かう先を失ったかのように日々株価は乱高下している状態。一日も早く落ち着きを取り戻してほしいです。


■関連記事

鉱工業指数とは?
平成21年5月の鉱工業生産指数速報値について。
平成21年7月の鉱工業指数速報値について。
平成21年8月の鉱工業指数速報値について。
平成21年9月の鉱工業指数速報値について。
平成21年10月の鉱工業指数速報値について。
平成21年11月、12月の鉱工業指数について。
平成22年1月の鉱工業指数について。
平成22年2月の鉱工業指数について。
平成22年3月の鉱工業指数について。
平成22年4月の鉱工業指数について。
平成22年5月の鉱工業指数について。
平成22年6月の鉱工業指数について。
平成22年7月の鉱工業指数について。
平成22年8月の鉱工業指数について。
平成22年9月の鉱工業指数について。
平成22年10月の鉱工業指数について。
平成22年11月の鉱工業指数について。
平成22年12月の鉱工業指数について。

コツコツ頑張るニコそらの応援よろしくお願いします!m(_ _)m
1つだけでもポチッ!!としていただけると励みになります↓
      にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ人気ブログランキングへ



お知らせ

4/10

記事:景気動向指数平成23年1月分、2月分速報値について。UPしました。

4/7

記事:平成23年3月の日銀短観について。UPしました。

4/2

記事:株式投資で失敗しないためのブログ 案内ページ再UPしました。

記事:平成23年2月の鉱工業指数について。UPしました。

3/31

イーココロ東北関東大震災 支援クリック募金バナー設置しました。

3/27

記事:株式投資2年2ヶ月の結果。UPしました。

【相互リンク募集中!】

相互リンク希望の方はこちらからどうぞ↓

相互リンク募集のお知らせ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

相互リンク集

サイトマップ

サイトマップはこちらからどうぞ!↓
サイトマップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。